新戦争のつくりかた

ババババイブス!ガイニーでゴザル。おはです。

自分は保守である。愛国者である。日本人に生まれ、日本を愛している。

当たり前の考え方なのだが、この国は世界中で珍しく自分の国の自虐史観をもっている国である。GHQの政策ウォー・ギルト・インフォメーションプログラムで愛国心の育たないようにされた結果であると思う。

そもそも大東亜戦争・太平洋戦争・第二次世界大戦と呼び方はいろいろありますが、認識の違いである。これは侵略戦争であると認識している人も多いと思うが、これがいわいる、戦後レジウムと言うものであろう。

日本がこの戦争を起こした目的は、インドから東南アジア、中国大陸、日本列島に至る「東アジア(東亜)」から欧米諸国の植民地政府を追い出し、彼らの人種差別に苦しむ時代を終わらせ、日本を中心に「大東亜共栄圏」という共同体を構築することで新たな秩序を築くことでした。

かといってこれは一方的に侵略ではないと大腕を降ることもできなそうだが、実際「一君万民」 「八紘一宇」のように天皇をもとに皆人間皆平等の精神が合ったことは、史実から垣間見える。日本が侵攻した場所でインフラ整備しているし、一般参賀では多くの台湾人がやってくる。八田與一などをみても、恐らくその頃の日本人は天皇をもとに世界の人々は平等であるといった精神があったと思う。そのような日本人の逸話はたくさんある。

つまり日本人は侵略戦争と短絡的に言えるものでもないと思う。日本を今敵視している国は、外交戦略であるのであろうし、GHQはそこまで噛んでいると思う。アジアがまとまると西欧諸国には都合が悪い。

そして「大東亜戦争」と呼ばせないのは、連合国の侵略の歴史を指摘され、日本の正当性を認知されたくないので太平洋戦争とか第二次世界戦と言い換えられたわけです。

つまりこれが保守的な考え方だと思うのだが、今の潮流にある保守というのはなぜか、アメリカに迎合する。それ以外はパヨクとか呼んだりする。これが洗脳である。

現実問題そうでないと軍事的に抑止が効かないと見る見方も理解できるが、それに伴う政治的圧力は日米合同委員会、日米地位協定、根本的に支配が効いていることを無視して思考している。

アメリカという国が嫌いなわけではないのだが、政治的経済的支配は確実に存在している。今のテレビやラジオ、新聞、御用学者、ネトウヨは確実にこのようなことは無視する。そして、日米間には日本に有事が起きた際、助けると行った条約はなにもない。そして国連、戦勝国の連合からいまだに日本は敵国条項から外されていない。

この現実を考慮している人間はとても少ない。メディアでは皆無。なのにもかかわらず、SDGs(エズ・ディー・ジーズ)とかも、いいことだと推進を簡単に受け入れる。

ダイレクトに直撃一発インプットする思考は、物事を咀嚼するフィルターがなにもない。

これはこのクリーンな戦略を盾にニューワールドオーダー新世界秩序を受け入れさせるものである。

建前と本音は違うのである。法的改正というものは建前が必要なわけである。

いかにも民主主義的に決定させて、どうなろうとそれはあなた達が選択した結果だと思い込ませる。孫子の兵法とか君主論を知るべきだ。支配者と奴隷のゲーム。

正義というものを盾にいろいろな政策や法律を人民に受け入れさせるわけです。

それが政治的レトリックなわけです。

例えば、下の目標を達成するためにAI化、IOTなど推し進められるし、そこまでインフラが整うとRFIDチップをいれられ、完全に全ての事を管理されるであろう。

この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。

この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。

ヨハネの黙示録

人類の進化は誰も止められるものではないけど、電波とかのリスクとか何も考えずに推し進める思考する方がいますが、全くナンセンスであるし、スピリチュアルと進化は相反するものである。コンピューターに頼れば、人間の本質的力は退化する。何かを得れば何かをなくすのは真理である。足るを知ることが大切である。すべて手に入れようとするものが多いがそういう節度のない人間がたくさんいる。表層的なところで物事を判断する人間が多すぎる。恐らく、サイエンスもスピリチュアルもわかってない醜悪な考え方であると思うよ。短絡的。

そして今世界の政治というものは、コーポラティズムといって、政治家より資本力のあるものが政治をしていると考えていいだろう。世界の政治の潮流は誰が握っているのかは、企業である。これは世界中で起きている。コレを象徴するものがフランスのイエローベスト運動である。この女子二人の言葉に集約されている。世界の本質は今ココにある。というかこの状況を極端に気がついていないのが日本である。先日トランプがきて、ハイプな日本人がワーキャーなっていたが、愚の骨頂である。日本の次に6月3日にイギリスにトランプが行くのだが100万人デモが起きるであろうとされている。この違いである。

そして今のメディアで国民を洗脳している方法が、ヘルマン・ゲーリング作戦である。

これでみんな憲法を変えなければならないと思い込まされているが、憲法は奴隷と支配者をくっきり分けるものである。個人の権利より国家主義に変わるのだ。問題はいろいろあるのだが、緊急事態条項、集団的自衛権の改正は非常に危険である。

どんどん戦争へ近づいている気がする。戦争のつくりかたという本がある。

10分あれば読める本。子どもたちに読み聞かせるような本です。

誰かに伝えたいときにプレゼントする本だと思います。

ということ今回はこのへんで。


フォローする