ハートの聖なる空間へ ドランヴァロメルキゼデク

ハートの聖なる空間へ ドランヴァロメルキゼデク

「ハート 聖なる空間」の画像検索結果この本は自分が臨死体験をして最初の方で読んだ本です。トーラスというエネルギーグリッドを調べていた時に読みました。トーラスは円環面状にある気の流れのようなものが流れています。ドーナツ状といったほうがわかりやすいか。

そしてマカバ(Mer-ka-bah) という古代エジプト語からきた「マー」「カ」「バー」という3つの音から構成されているフラワーオブライフと並んで神聖幾何学で重要視される図形です。

「正四面体が2つ組み合わさった」もので、簡単に表現すると三角形が4つ組み合わさったものです。六芒星が立体化したような図形で「宇宙のエネルギーを集めたり、守護の力をもたらす」

関連画像

ドランヴァロメルキゼデクは心臓からマカバエネルギーがでてトーラス状にそれが渦巻いていると言っている。そしてマカバ瞑想すると汚染されている空気を浄化できることが書かれている。人間の意識的なものが汚染しているし、意識次第で浄化できることが詳しく書かれている。自分は原発うつになったとき真黒な雲と紫の水彩絵の具のような空を目のあたりにしたことがあるが、これは自分の想念が生みだしたものではないかと認識している。人間の意識と環境は繋がっている。

関連画像トーラス型の中心はブラックホールというか特異点が存在し、それがゼロポイントフィールドでエネルギーを生み出されると考えられる。このへんはこの本には載っていなかったと思うが、ナシームハラメインやニコラテスラなどはこの辺の概念に詳しいだろう。ブラックホールは情報の全てが内包されている点である。

なのでドランヴァロメルキゼデクはこの特異点、マカバのなかに意識をうつす瞑想について語っている。

関連画像

ハートの内側にある秘密の空間へと、頭を通らずダイレクトに入る方法をメルキセデクは語っている。

これは自分の余談だが、人体浮遊などヨガの行者が浮くという話があるが、これはマカバによる浮遊の仕方があるのだろう。

超越すれば磁場を変えることも恐らくできるのだろうと考えている。

とにかく人間のまわりにはトーラス状の気の流れのようなものがあるから、携帯、パソコンなどで気が乱れないようにコントロールすることも意識的にすることも必要かもしれない。

ヨガというものはこれを調律する運動といっても過言ではないだろう。気の流れの意識の拡大、体の変調の耐性を作り上げてくれることだろう。

「ハート 聖なる空間」の画像検索結果「ウィトルウィウス的人体図」

ダヴィンチの名作である。これはマカバグリッド状に人間が形成されていることがわかる。この図形は数学的な比率など調べるといろいろなことがわかる。自分は臨死体験後、「ちんちんは無限だ」という事を直感的に啓示が下りてきたのだが、マカバの先端だし、中心だし、生命を繋ぐ身体のパーツなのですぐ理解した。

  • 胸上部から頭頂部までは身長の 1/6
  • 胸上部から髪の生え際までは身長の 1/7
  • 肩幅は身長の 1/4
  • 胸から頭頂部までは身長の 1/4
  • 肘から指先までは身長の 1/4
  • 肘から腋の下までは身長の 1/8
  • 手の長さは身長の 1/10
  • 鼠蹊部の位置は身長の 1/2
  • 足の裏から膝の下までは身長の 1/4
  • 膝の下から鼠蹊部までの距離は身長の 1/4

「ハート 聖なる空間」の画像検索結果この本には盲目の方や中国の能力者など左のようなビジョンが見えるそうだ。これはとても興味深い。自分は五次元を説明するときにYOUTUBEのインタフェイスーみたいなのが五次元といっているが、この左のように真ん中にメイン画面があって小さいスクリーンが何個も周りにあるこれはYOUTUBEの画面みたいですね。この辺の話を読むだけでも好奇心のワクワクが止まりません。

おすすめです。

楽天

【中古】 ハートの聖なる空間へ /ドランヴァロメルキゼデク(著者),鈴木真佐子(訳者) 【中古】afb

AMAZON

ハートの聖なる空間へ