【知ってはいけない】スペースシャトル「チャレンジャー号」の超絶ヤバい話

チャレンジャー号爆発事故

チャレンジャー号爆発事故は、1986年1月28日、アメリカ合衆国のスペースシャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が死亡した事故である。同オービタは北米東部標準時午前11時39分(16:39UTC、1月29日1:39JST)にアメリカ合衆国フロリダ州中部沖の大西洋上で空中分解した。

詳細はコチラの記事:

https://www.gizmodo.jp/2016/02/post_663933.html

その3日後、レーガンは妻のナンシーとともにジョンソン宇宙センターで行われた追悼式に出席し、以下のように述べた。

1986年1月31日、テキサス州ヒューストンで行われた追悼式に出席するレーガン大統領と、妻のナンシー・レーガン(左)

我々は星へと向かう際、時として力及ばず道半ばで果てることがある。しかし我々はその痛みを乗り越え、さらに先へと進まなければならない

ナンシー・レーガンはいろいろな話がある。呪術師だろうおそらく。

ナンシーレーガンの記事はコチラ

イルミナティカードの予言 Ver51 JUST SAY NO編
JUST SAY NO ただノーと言おう 「ただノーと言おう 」とは、アメリカでドラッグの撲滅キャンペーンフレーズでナンシーレ...

イルミナティカードの予言 Ver285 NASA編
アメリカ航空宇宙局( National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、ア...

「チャレンジャー」の乗組員は爆死したのか?

チャレンジャー号爆発事故が起き全員死亡したと報道されているが、、、、、、。

とにかく爆発での即死ではないという見解で乗員室が大西洋の海面に時速300キロ以上で落下した際の激突死と多くの専門家はみている。

どうも自分が調べるとどうもパラシュートで脱出している。右上のあたりを動画で見ればわかると思う2分5秒の所にパラシュートらしきものを発見!

どうもコクピット部分は大丈夫だったらしく、 水面に激突するまでの数分(7分位)は
まだ生きていたらしい。

その証拠に、遺体を回収して調べてみたところ、 コクピット内部は急減圧がおきていなかったらしい。

つまり、コクピット部は無事で、船員は手動で気圧調整をした痕跡があったと。

1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載
以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ(パイロット、マイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後からはじまる。離陸の瞬間からのおよその時間が分と秒で示されている。話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

T+1:15 (M) 何だ? 何が起こった? おお、何てこった!
T+1:17 (F) ああ、神さま・・・
T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ! エアパックの・・・
T+1:20 (M) 息ができねぇ・・・窒息する・・・
T+1:21 (M) マスクをはずせ!
T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな・・・神さま! それをするんだ・・・今・・・
T+1:24 (M) それを言った・・・俺はそれを言ったんだ・・・畜生! Reznik(?)が動かねぇ・・・
T+1:27 (M) 落ち着け! (解読不能)動かせ・・・
T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない・・・今、こんなところでなんて・・・
T+1:31 (M) 君の腕が・・・ああ・・・俺が(長い雑音、沈黙)
T+1:36 (F) もう・・・気絶する・・・
T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!
T+1:40 (M) まだ・・・(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に・・・(悲鳴)
T+1:41 (M) 彼女が・・・彼女は・・・(雑音)・・・くそっ!
T+1:50 (M) 息ができねぇ・・・
T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま! いやだ!!
T+1:54 (M) 彼女は、もう・・・
T+1:55 (M) 幸運が・・・(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)
T+1:56 (M) 神さま・・・水だ・・・死ぬ!(悲鳴)
T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)・・・愛してるわ・・・愛してるわ・・・
T+2:03 (M) 落ち着け! 落ち着くんだ!・・・
T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ・・・
T+2:09 (M) そのとおりだ、前向きに考えよう・・・
T+2:11 (M) これより着水準備に入る・・・
T+2:14 (M) 馬鹿な!
T+2:17 (M) 手を出すんだ・・・
T+2:19 (M) お前、正気か? 俺は・・・俺は・・・
T+2:29 (M) 我らが父よ・・・(解読不能)
T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを・・・(解読不能)
T+2:58 (M) 主はわが羊飼いである・・・我は・・・望むべからず・・・我、死の影の谷を往けども、主はわが身を緑なるまきばに置きたもう・・・我はいかなる悪をも恐れず・・・我はその家を住処と為す・・・
T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない。沈黙と静寂

だけどもだけど、、驚愕な話

ということで調べる限りこんな感じだが、、、。

なんとなんと、、、

1986年のスペースシャトル「チャレンジャー」の乗組員は、、、。

テッテレー!!大丈夫です生きてます。

表向きは死んだとされているが、生きているぽい。

なんで死んだことにしたのかは、想像だけど、スペースシャトル一基作るのは約2160億円ぐらいで保険会社を通して宇宙保険でマネーロンダリング。んー。よくわかりません。

とにかくどうやら乗務員は双子ということでごまかしたりしたりして生活しているみたい。

現在は大学教授とかマーケティング広告会社のCEOとかやっている。

ということでまとめ

フォローする