イルミナティカードの予言Ver444 Fear and Loathing 恐怖と嫌悪

イルミナティカードの予言Ver444

Fear and Loathing 恐怖と嫌悪

ヴァヴァヴァヴァイブス!この世は波動!ということで

ヴァァイブスを制するものが世界を制す。

支配者は恐怖と嫌悪を巧みに使い、人民をコントロールしております。

ここで重要な言葉それがDivide and conquer ディバイド アンド コンカー。

つまり分断統治です。

ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。

被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる。

統治者が被統治者間の人種、言語、階層、宗教、イデオロギー、地理的、経済的利害などに基づく対立、抗争を助長して、後者の連帯性を弱め、自己の支配に有利な条件をつくりだすことをねらいとし、植民地経営などに利用された。

そのために第二次世界大戦後にアメリカは日本にNHKをつくり、民放は電波法なのでNHKに逆らえないようにシステムを作り、また広告料で成り立つメディアは企業の不利になることは決して言いません。

つまりテレビは大衆をコントロールし、ドンドン商品を消費してもらうためのツールに過ぎません。決して大衆の味方ではないのです。

恐怖と嫌悪を巧みに使いショック・ドクトリンを起こすのです。

ショック・ドクトリンとは、ある社会に壊滅的な惨事が発生した時に人々がショック状態に陥り、茫然. 自失のまま抵抗力を喪っているときに、そのような衝撃的出来事を好機と捉え、巧妙に利用する政策手法のこと。

フォローする