イルミナティカードの予言Ver445 Feminists フェミニスト

イルミナティカードの予言Ver445

Feminists フェミニスト

フェミニズム(英: feminism)とは、女性解放思想、およびこの思想に基づく社会運動の総称であり、政治制度、文化慣習、社会動向などのもとに生じる性別による格差を明るみにし、性差別に影響されず万人が平等な権利を行使できる社会の実現を目的とする思想・運動である。 女権拡張主義、男女同権主義などと訳されることもある。

女性の地位向上は、ロックフェラーなどが仕掛けた人為的なものです。女性が男性と同じような地位を得られることは素晴らしいことですが、それによって少子化を引き起こして人口を削減するのが目的です。

ちなみに個人的には女性の権利向上することを願っています。

だがこういった見方もあるということを伝えているに過ぎません。

アーロン・ルッソ監督の証言

ウーマンリブ運動はユダヤ国際資本の差し金

彼の家で彼が語ったことのひとつは、笑いながら話し出したんだけど「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。

そのとき僕は型にはまった考え方で「女性は働いて男性と同等の給料を得る権利があると思うし、丁度女性たちが投票権を勝ち取ったのと同じさ」と言ったら笑い出して「お前はバカだな」と。

「どうしてバカさ?」と聞いたら「あれが何だったのか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。

俺たちがウーマン・リブを後押ししたんだ。

俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やTVで取り上げたんだ」と。

「どうしてか知りたいか? 主な理由はふたつ。ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。ふたつ目は、(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。だから子供たちの考え方を好きなように出来る。彼らを家族から引き離して州が、(公立の)州の職員(教師)が彼らの家族になる。親が教える代わりに学校が家族になる。子供たちにとって教師が家族になるんだ。それらがウーマン・リブの主要な目的だった」。

それまで僕の考え方では(ウーマン・リブは)とても高潔なことだった。

でもその裏にある意図を知ったとき、どういう背景か、何でやったのかが見えたとき、僕が高潔だと思ったことのうしろに邪悪を見ましたよ。

アーロン: グロリア・スタイナム(フェミニストの旗印的存在、ジャーナリスト。”Ms.”誌を創刊し、最初の発行人兼編集者)ともう一人が、リブの雑誌”Ms.”にCIAが資金を出していたと認めたことを知ってますか?

インタビュア: いや、知りませんでした。それは聞いたことがない。CIAが”Ms.”誌に資金を出したんですか?

アーロン: 女性に課税することと家族を壊すことを目標として言明しつつ、CIAが”Ms.”誌に資金を出したんです。

インタビュア: ホントですか!? それは聞いたことがなかった。まぁ、でもニックに言われてたからCIAが関係してたのは知ってたけど。

アーロン: グロリア・スタイナムはCIAが「あなたが女性を助ける手助けをしたい」と言ったと、それで資金を出してくれたと誇らしげに言っていましたよ。

もちろんその運動を分裂させて征服したわけだけど。

それに元々女性は色々ひどい目に遭ってきたけれども、彼らエリートは彼女たちを助けるどころか実はもっとひどい目に遭わせて、彼女たちから男を取り上げたんです。

黒人社会を見てご覧なさい、50年前には私生児の割合は10%だったけど、今や90%以上です。

福祉ときたら、(政府から)お金を貰おうと思ったら家の中に男がいちゃまずい。

家族がこのようにすっかり崩壊させられ、総人口で見ても私生児の割合は50%以上です。

アーロン・ルッソは2006年に「America:From Freedom Fascism」というドキュメンタリー映画に記録しました。

≪遺作≫ アーロン・ルッソ監督 『アメリカ:自由からファシズムへ』2006年 日本未公開

同作では、連邦準備銀行 (FRB) が政府機関ではない民間の銀行であり、そもそも中央銀行の存在自体、合衆国憲法に違反していると主張した。さらに所得税は連邦準備制度 (FRS) の設立の結果導入されたもので、FRSを廃止すればただちに不要になると説いた。

フォローする