イルミナティカードの予言 Ver349 でかいエビ編

The Big Prawnとはでっかいエビ

このでっかいエビがオーストラリアの観光名所でその場所はバリナ(Ballina)という場所にある。

ニューサウスウェールズ州北部の海岸沿い、リッチモンド川の河口に広がる人口4万人ほどの町である。州都シドニーからは北に780km、ブリスベンからは南に230kmに位置する。美しい砂浜と温暖な気候を求め、老後をここで過ごそうとする人が増えていることもあり、年率2%前後の割合で急速に人口が増加している。カキの養殖でも知られる。

陰謀論的には遺伝子組み換えとか、合成生物学とか、科学技術の向上という表向きな理由に、生物でいろいろ実験している。賛否はいろいろあると思うが、人間は時折足を止めて、いろいろ考えることが人間には必要だ。

2008年、イスラエルのテルアビブ近郊のレホボット研究所の遺伝学者アブドル・キャハナーが異種交配させて作り上げた

マッチョな牛、ダブルマッスル(倍増筋肉)遺伝子変異の大御所が、このベルギーの「ベルギアン・ブルー(Belgian Blue)」と呼ばれる牛。  筋肉の発達を管理するタンパク質(myostatin)の突然変異によって19世紀に発生した。

画像はイメージです。2002年にカナダのベンチャーとアメリカ陸軍が協力し、「ヤギのミルクからクモの糸をつくる」といった技術の開発に成功。クモの糸を出す遺伝子をヤギのDNAに入れ、ヤギのミルクからクモの糸をつくる。

バカンティマウスあるいは耳ネズミ、イヤーマウスとは、耳が付いているネズミ。耳ネズミ、イヤーマウス(Earmouse)とは、背中にヒトの耳が生えているかのように見える実験用マウス。「耳」は実際には、生分解性の金型に牛の軟骨細胞を播種することで人間の耳の形をした軟骨を作り、それをマウスの皮膚下に移植したもの。

自滅していく蚊:Oxitec社の研究者らが開発した、若いうちに死ぬようプログラムした遺伝子組み換え蚊。ブラジルで解き放ったところ、ブラジルでは危険な種類の蚊であるネッタイシマカの数が、導入されていない地域と比べて85%も減少した。

クローン羊 ドリー: 世界初の哺乳類の体細胞クローンである雌羊。 ドリーは体細胞の核を除核した胚細胞に移植する技術によって誕生。

黄金のタツノオトシゴ:ベトナムの科学が作り出した、この国の遺伝子組み換え生物第一号。砂金とクラゲのタンパク質を合わせて、タツノオトシゴの卵子に注入した。