イルミナティカードの予言 Ver237 LGBTの社会運動編

Gay Activists

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーらの人々や集団の総称、社会運動に関連する組織やコミュニティのことを指します

LGBTの社会運動は、LGBTの性や性的少数者の社会的な受容を目標として共有して改善を求める行動を指す。 LGBTの人々とストレート・アライが「LGBTの権利」の向上を求める組織的運動を行ってきた。これまでに様々なコミュニティが単独または団結して活動がなされてきた。

「フェミニズム」は、女性のための運動というのは単なる名目で、男性と女性の両方を中性化して、社会の基本単位である家族を崩壊させることが本当の目的だ。異性愛者の選択できるライフスタイルとして「同性愛」を普及させようとしているのも、新世界秩序に順応する新種の人類を創造するためという側面もありそうだ。

ちなみにこの記事のLGBTの問題とLGBTを推進することはここでは分けて考えて頂きたい。

LGBTを推進する裏側になにがあるかにフォーカスしていただきたい。

レインボーカラーは、同性愛者に向けての隠語・シンボル、隠れたメッセージ。

そして、いわゆるゲイ・コミュニティ(同性愛者のコミュニティ)には、虹やレインボーフラッグ(右写真)のようなシンボルが存在します。
LGBTのレインボーフラッグは、1978年のサンフランシスコでの同性愛者のパレードで初めて使用されました。

ソフトバンクモバイル – 全社挙げてLGBTをサポート  (2011.3.16 GQ JAPAN)
同性同士の“家族割”も認める国内ゲイフレンドリー企業の先駆け
(ソフトバンクの受付カウンターにて) 白いカウンターで男ふたりが同じ住所が書かれた運転免許証を提示する。「はい。家族割ですね」と対応もスムーズだ。パートナーと同棲して12年の筆者が、初めて社会から特典を認められた奇跡の瞬間だった。ソフトバンクは家族割引サービス「ホワイト家族24」を2007年に開始

f0107398_2292424.jpg

去る5月8日に開催されたイベント「東京レインボープライド2016」に、キャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使がアメリカ大使として初めて参加し、スピーチを行ったそうです。

日本でも腐女子が浸透している。ミーム的なもので広がりを見せている。一般的に“腐女子”とは男性同士の恋愛を扱ったボーイズラブ(BL)を好み、それらを妄想できる女性を指すのですが、この漫画における「女として腐っている」という台詞は“腐女子”の意味をはき違えているのではないかとTwitter上でセンセーショナルに取り上げられていました。

何が問題かは男女、LGBTなどすべて性別をフラットにして労働搾取しようとしていることです。

ウーマンリブ運動 (Women’s liberation movement)とは、1960年代後半から1970年代前半にかけて、主として欧米や日本などの先進国において起こった女性解放運動である。

それと同じ構図。

アーロン・ルッソ監督が語った「ウーマンリブの本当の目的」を聞いて驚きました。

次の動画の中で、アーロン・ルッソ監督が、ウーマン・リブのことについて語っています。(1分40秒くらいから)

その話によれば、ウーマン・リブは、ロックフェラーが資金を出して行なった運動だということらしいです。

目的は次の2つだそうです。
●人口の半分(男性)にしか税金をかけられなかったが、全ての人口を課金の対象とできる

●母親が働きに出ることによって、子供の家庭(家庭での教育)との結びつきを弱め、学校教育による影響を高めることができる

電通もコメンテーターにLGBTの方の採用することを推し進めている。という電通のレポートがネットの中でしばしば見る。(ネットの情報なのでどこまで本当かはわからない)

オバマはゲイで奥さんはトランスジェンダー

衝撃の動画!!!

フォローする