イルミナティカードの予言 Ver136 悪魔の疫病編 

バチカン

plague of Demons(ペストオブデーモン)悪魔の大襲来というか悪魔の疫病というかそのような意。

ペドフィリア

ペドフィリアを検索するとこの写真も添付されてくる。

「刑務所や地獄」…独少年合唱団の虐待被害者

世界的に有名なドイツの少年合唱団「レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊」で、1945年から92年までに、少なくとも547人が暴力や性的虐待を受けていたことが明らかになった。

事案を調査していた弁護士の報告書が公表された。

独DPA通信などによると、聖職者や教員が暴力をふるっていたとみられ、調査に対し、被害者は「刑務所や地獄、強制収容所のようだった」と証言した。

被害者には補償金が支払われる。

南部レーゲンスブルクを拠点に1000年以上の歴史がある合唱団は、長年、前ローマ法王ベネディクト16世の兄、ゲオルク・ラツィンガー氏に率いられてきた。

報告書は、性的暴行を知らなかったと主張するラツィンガー氏が実態から「目をそらしていた」と非難し、指導者としての責任を指摘した。

マネーロンダリング

またイタリア司法当局は、ローマ教皇庁(バチカン)の活動資金を管理運用する「宗教事業協会」(通称バチカン銀行)が、巨額の資金洗浄を行っていた疑いがあるとして、ゴッティテデスキ頭取らに対する本格的な捜査に乗り出しました。

この衝撃的なニュースは世界中のメディアによって報じられました。世界各地に総計10億人超の信者を抱えるカトリック教会の(寄付献金を含む)巨額の資金にかかわる問題だけに、AP、AFP、共同、時事など世界の通信社に始まり、BBC、CNN、New York Times、Independentなど英米の大手メディアがトップ記事として報じ、日本でも朝日新聞や読売新聞、産經新聞などがこの事件についてとり上げています。

フォローする