イルミナティカードの予言 Ver234 銀行合併編

Bank Margerとは銀行合併

金利が下がり続け、銀行合併はどんどん進みリストラがドンドン始まり、現金ではなく暗号通貨時代に突入していくことになるだろう。

リストラ予定 MUFG 1万人 みずほ 1万9千人 三井住友 5千人

「EUの銀行従業員数」 2009年:310万人 2018年:266万人 欧州大手銀、5万人削減へ マイナス金利が収益圧迫: 日経新聞

そして金融資産は全て監視されるようになるだろう。

そのような時代が2030年ぐらいまでに移行していくことになるだろう。

つまり2030年までに新世界秩序は完成する計画があることは間違いないだろう。

これは五か年計画で進行していて2020年まで2025年まで2030年までの節はなにか出来上がっている。

2025年以降、コンピュータは1秒間に2.88×1017回の計算を実行する。

ちなみに、人間の脳は同じ時間内に10×1017回の計算を行えるので、その差はわずか3.5倍でしかない。

新たな道具(機械学習、深層学習)により、予測モデルはより効率的かつ詳細になり、知識および医療分野はしだいに自動化される。

人間は機械と会話する。

3Dプリンタが産業界ならびに一般家庭に浸透。3Dプリンタの世界市場は、2013年の30億ドルから2025年には152億ドルの規模にまで達する見込み。

2030年までに銀行も統合され、キャッシュレスになり全てを管理されるようになるだろう。

2030年までにキャッシュレス社会どころか現金の廃止が既に決まっているデンマーク。

「イーサリアム」の画像検索結果

暗号通貨イーサリアム もちろんピラミッドで真ん中にプロビデンスの眼

2030年に月面で3Dプリンタを使って月の表土から宇宙基地をつくる計画。

3Dバイオプリンタを使って人体パーツを製造。

2030年までに宇宙太陽光発電計画。

「グローバル・トレンド2030:未来の姿 防衛省」は一読すること

2030年の世界は、非政府組織や、多国籍企業、学術機関や富裕層の個人などの非国家アクター、準国家的な単位(例えば巨大都市)が繁栄し、地球上の課題に立ち向かってリーダーシップを発揮していると書かれている。

完全にこれの世界。

緊急事態条項と海外ドラマ『ハンドメイズテイル』
悪政が続いていてもみな気が付きません。 結果改憲勢力は3分の2。 これは必ず改憲します。 よく自衛隊に誇りを持たせ...

世界金融は統合される。

日本の政策はインフレ時にやる政策でデフレを推し進めている。そのうち銀行は体力を失い合併せざる負えない状況に追い込まれ、世界統一政府が樹立する。

2030年までにサグラダファミリアは完成する。

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

原著は2012年。

米国国家情報会議の編著であり、アメリカの国家戦略を策定する者が基本的に頭に置いておくべき近未来世界へのトレンドを解説する。

米国国家情報会議は、もともとはCIAの内部部門。

2030年の世界構造を決定づけるメガトレンドは、

(1)個人の力の増大
(2)権力の拡散
(3)人口構成の変化
(4)食糧・水・エネルギー問題

予測とはいえ確実にそうなると思って間違いないと思うよ。

それが本に記述されている。未来は確実に決まっているのだ。

ローコストでハイリターン。

あとはコレの予測に向かって行動するだけだ。

需要と供給を見極めろ!!

働き口がなくなるか、お金を掴むかは10年後をまず知る事だ!

ダボス会議では68%が個人事業主になると言われている。

ヤバヤバヤバスな本を紹介!!!

フォローする