イルミナティカードの予言 Ver259 サダムフセイン編

サッダーム・フセインは、イラク共和国の政治家。スンナ派のアラブ人であり、イラク共和国の大統領、首相、革命指導評議会議長、バアス党地域指導部書記長、イラク軍最高司令官を務めた。軍階級は元帥。

イラク戦争とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。だがそもそも大量破壊兵器などなかったのだ。アメリカの都合の良いように浄化させられただけの話である。

フセイン政権の崩壊の象徴ともいえるフセイン像引き倒しについて米軍や米国の広告代理店によるやらせ”ということが発覚している。

関連画像

関連画像

アメリカ軍がやったのにも関わらず、日本の報道では民衆が立ち上がって倒したというプロパガンダを行った。知らない人も未だに存在するだろう。そうやって世論形成され戦争は始まるし、終わるのだ。大量破壊兵器は出てこなかった。でっち上げで戦争は始まり多くの人が亡くなった。まだまだ大勢の方が騙されている。第三次世界大戦を防ぐには国民の関心が求められる。無関心は罪である。

「フセイン像引き倒し」の画像検索結果

「イラク大量化学兵器」の画像検索結果

表向き、イラク国内にいるクルド人の毒ガスによる虐殺などの罪状のため死刑とされました。

ただ当時イラクは石油売買通貨をドル建てからユーロ建てなど非ドル通貨による決済に変更しており、アメリカにとってはドルを使わない石油取引はアメリカの世界戦略に悪影響を及ぼし、イルミナティに都合が悪かった。そのため、イラクに大量破壊兵器がないことを内々に把握していたにもかかわらず、大量破壊兵器保有を理由にイラクを制圧、フセイン政権を打ち倒すことになりました。その流れでフセイン元大統領は死刑になったと思われます。つまりはアメリカの思惑が強く働いたための死刑という側面があった事になります。

「フセイン」の画像検索結果

サッダーム・フセインの死刑執行では、サッダーム・フセインの死刑確定後から執行後の反応までの状況を記述する。 2006年12月30日、イラクのサッダーム・フセイン元大統領の死刑が、バグダードで執行された。12月26日の死刑確定からわずか4日での執行となった。