イルミナティカードの予言 Ver334 盗聴編

Phone Phreaks 電話のフレーキング(スラング)刷る人達、つまり電話のハッキング的盗聴的な意味。

電話システムを操作するための様々な音声周波数の使用を指す場合もある。

1950年代後半に始まりました。 その黄金時代は1960年代後半と1970年代初めにフレーキングが始まりました。青い箱、黒い箱、赤い箱と呼ばれる巧妙な小さな電子機器を作り、ネットワークを探索したり、無料で電話をかけたりできるようにしました。

ブルーボックスと呼ばれる電子音源は、将来のApple Inc.の共同創設者Steve JobsとSteve Wozniakを含む、フリークコミュニティの定番となった。

おそらく、最初のフリークの方法の1つはスイッチフックで、ロータリーダイヤルまたはキーパッドがキーロックなどの手段で無効になっている電話機からのコールを許可し、その電話機からの不正なコールを防ぐことができます。

これは、スイッチフックを素早く押して離して加入者回路を開閉し、回転ダイヤルによって生成されたパルスをシミュレートすることによって行われる。 古い加入者ハードウェアと下位互換性が必要であるため、ほとんどの現在の電話交換機でもこの方法をサポートしています。

約5秒間に10回の割合でフックを急速にクリックすると、発信者は回転ダイヤルを使用しているかのように番号をダイヤルできます。 交換機のパルスカウンタは、パルスまたはクリックをカウントし、2つの可能な方法でそれらを解釈する。

大陸と国によって、次の間隔を持つ1つのクリックは、「1」または「ゼロ」のいずれかになり、間隔の前の後続のクリックが加算的にカウントされます。 これにより、10回の連続したクリックがそれぞれ「ゼロ」または「9」のいずれかになります。

一部の取引所では特別なコントロールのためにクリック数を増やすことができますが、0〜9の数字はこの2つの基準のいずれかになります。 1つの特別なコードである「フラッシュ」は、非常に短いワンクリックであり、可能ではあるが、シミュレートするのは難しい。 ロータリーダイヤルの日には、技術的にはまったく同じ電話機が世界の複数の地域で販売されていました。国によって一致したプラグとダイヤルがローカルの標準番号でベゼルされていました。

DEFCON

デフコンはハッカーたちの超有名なフェス!!

このようなところからハッカーが発生して、DEFCONみたいなところまでの展開をひろげている。

世界最大のハッキングイベント「DEFCON」
DEF CON ( DEFCON、 Defcon、DCとも呼ばれる)は、 ネバダ州 ラスベガスで毎年開催される世界最大のハッカー慣習...

これから5Gでミリ波とLTEで電磁波の影響もあるかもわかりませんが、IOTは大きく進むことになるでしょう。それによってITにさらに人類は依存していくことになることでしょう。

それによってハッカーは増えてくることになるでしょう。ちょい昔までハッカージャパンという雑誌がありましたが今は休刊になっています。

ホワイトハッカーになってもらいたいものです。

エシュロン

エシュロンとマイナンバーやRFIDチップでさらなる監視社会を迎えることになるでしょう。

史上最大の盗聴施設 エシュロン

エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している一方、アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。フランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来する。

エシュロン・システムは、特定の個人の電子メールやファクスリンクを盗聴するよう意図されたものではない。そうではなく、システムは無差別 に膨大な量の通信を傍受し、別にいらない膨大なものから興味あるメッセージを識別 し、抽出するためにコンピュータを使うことによって動作する。

一連の秘密通信傍受施設は、国際的な遠距離通信ネットワークのすべての主要な構成要素にアクセスするために世界中に開設された。

通信衛星を監視するものもあれば、地上の通信ネットワークを監視するものもあり、また無線通信を監視するものもある。エシュロンはこれらすべての施設を結びつけて、地球上の通信のほとんどを傍受する能力を合衆国とその同盟国に与えている。

エシュロン・ネットワークの第一の構成要素は、ほとんどの国の電話会社によって使われている国際遠距離通信衛星(インテルサット)を特に標的としたステーションである。インテルサットのリングは世界中で赤道上空の静止軌道にあり、それぞれ何万という電話、ファクス、電子メールを同時に扱う中継ステーションとして稼動している。5つのUKUSAステーションがインテルサットによって送信される通信を傍受するために設立された。

人工衛星を使った国際通信の提供を目的として、商業衛星通信システムの設置を目指して、1964年に発足した国際機関『国際電気通信衛星機構』の通称。打ち上げた衛星の名称もインテルサット。

5G

5Gは2020年からである。リアルタイムに精度が高く人々のピンポイントに監視されていくことになるだろう。誰であるか、どこの場所にいるか、瞬時にわかるであろう。

この辺りから人類の想像をどんどん超えていく。

便利と監視は紙一重。

【知ってはいけない陰謀】5GとI.O.Tの危険性

https://matome.naver.jp/odai/2152319142258642001

スマートスピーカー

米Amazon.comのスマートスピーカーが収集した音声記録の一部が、同社の従業員に「聞かれている」という報道がありました。

音声のテキスト化する従業員とかも募集をかけられているみたいです。

また会話の録音はアップルの『Siri』でも行われており、同社が録音した会話を6ヶ月間保存していることは数年前にも報道されています。そして録音内容をチェックする従業員はユーザーのフルネームと住所はわからないものの、アカウント番号、ファーストネーム、デバイスのシリアル番号を見ることができると『Bloomberg』は伝えています。

オソロシス☆


フォローする