イルミナティカードの予言 Ver222 エルビス編

エルヴィス・アーロン・プレスリー (Elvis Aron Presley, 1935年1月8日 – 1977年8月16日)は、アメリカのミュージシャン、映画俳優。

42歳という若さでこの世を去った、だがプレスリーの生存説というのはアメリカ国民にとっては馴染みのある話である。

マイケルジャクソンの嫁だったリサ・マリー(プレスリーの娘)との話の中で、エルヴィス・プレスリーがイルミナティの言いなりになっていた期間が15年間あったということ、、、。
言いなりになるということは、悪魔に魂を売ったということです。

具体的には、本来ロック・シンガーとしては、反戦、平和主義のはずなのにベトナム戦争(1960年12月~1975年4月:まさに15年間)に賛同しているように振る舞ったり、リチャード・ニクソン大統領(1970年12月21日)に会って、麻薬撲滅に熱心であったニクソン大統領に対して、「ロックが麻薬使用に影響しているとは思わないが、責任は感じている」といい、麻薬取締官の資格を与えられたりなど体制側についています。

マイケル・ジャクソン、エルビスプレスリー、ホイットニー·ヒューストンとも
『Heartbrake Hotel』という曲を歌っている。

「エルビス プレスリー イルミナティ」の画像検索結果

ハンドサイン 666