イルミナティカードの予言 Ver350 魔法の国が消えていく

The Magic Goes Away

『魔法の国が消えていく』(The Magic Goes Away)は、アメリカの小説家ラリイ・ニーヴンの1976年の短編小説。

魔力をエネルギー源として扱ったことから話題を呼び、ロジカル・ファンタジーとも呼ばれた。ニーヴンの作品に触発された作家たちが、同じ世界を舞台とした作品を執筆し、短篇集が出版されている。

作中では、マナや魔法について、以下のような描写がある。

●マナは地球上の天然資源であり、魔法を使うことで減少する

●マナが枯渇した場所では、魔法は使えない。マナに依存して生きている生物(神、悪魔、ドラゴン、一角獣、人魚など)は、マナの枯渇した場所では死亡するか変態をとげる。

●魔法で作られた物体は、マナの枯渇により崩壊する。

●隕石などの地球外から降ってきた物体にはマナが含まれている。また、殺人によっても大量のマナを得られる。

●魔法使いは、名前を知った相手を操れる。そのため魔法使いは本名を明かさない。

12,000年前

主な舞台は12,000年前の地球。マナと呼ばれる魔法の力が枯渇しつつある世界において、魔法使いたちの物語を描く。中でもウォーロックと呼ばれる魔法使いを主人公とした3作品が中心となっている。

考察

でたぁあああ、12,000年前。エジプトのピラミッドは一説に12,000年前というのがある。

  • 1万2千年前の大事件はマンモスの氷漬けやハワイ島の位置ずれなどに痕跡を残している
  • 1万2千年前、ジブラルタルの陸橋が崩壊した
  • 与那国島海底遺跡 まだ解明されていない海底遺跡の正体。
    遺跡があるのは、1万年前に陸地だった場所。
    だとすると、この遺跡は 1万年前のものということになり、世界最古の超古代文明の跡となる。

1万2千年前になにがあったのか?

超古代文明伝説の

アトランティス大陸は一万二千年前

あったとされながら現代よりも

科学力が発達していた。

隠されている秘密はまさにここにある。

1日と悲惨な1夜にして、海底深く消滅したと、

ギリシアの哲人プラトンによって描かれたアトランティスは、これまで、“失われた大陸”として、多くの謎に包まれてきた、、、、。




フォローする