イルミナティカードの予言 Ver149 エネルギー危機編 

エネルギークライシスとは石油危機、オイル・ショック的な意。

オイル・ショック(和製英語:oil + shock)とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。石油危機(せきゆきき、英語: oil crisis)または石油ショックとも称される。OPEC諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、1974年には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は1970年の30億ドルから1980年の250億ドルに跳ね上がった。

石油価格をつり上げて利益を得ている。

ローマクラブは、1972年、「成長の限界」というレポートで、石油はあと15年で枯渇すると発表した。石油は海洋プランクトンの死骸が変成した化石燃料であり、資源量に限界があると説明されれば、誰しもそれは大変だと衝撃を受けた。その直後、原油価格が高騰、世界経済は混乱した。石油ショックである。

ローマクラブ主宰者のアウレリオベッツィは「人口が多すぎる」」などと発表する陰で人口削減のために動いています。 現在のローマクラブが表向きは環境問題を問題視し、その裏で、原子力利権をむさぼっているという欧州の2面性の起源こそ、イルミナティ。