イルミナティカードの予言 Ver115 地球を売っぱらう編

THE BIG SELL OUT

関連画像

売国奴という言葉があるが、これは地球を売り払う。いうならば売世界奴。

これと同じ言葉の映画がある。

水、エネルギー、公共交通機関、医療の供給が民営化されるとどうなりますか?ドイツのドキュメンタリー映画「The Big Sellout」は、民営化されたサービスの日常的な影響をどのように及ぼすかを検証しています。Florian Opitz監督は、英国の列車運転手、フィリピンの母親、南アフリカの活動家、そしてボリビアの市民に民営化がどのようになっているかを示しています。

フィリピンの母親ミンダ(Minda)は、フィリピンの医療は大部分が民営化されており、貧困層はもはやそれにアクセスできないため、息子が必要とする透析のためにお金を見つけるのに苦労している。ボンガニ氏と彼の「エレクトロゲリラ」チームは、南アフリカの郷土を歩き回り、貧しい人々の家庭に不法に電力を戻し、大衆は民営化されたサプライヤーに支払いすることで貧困に陥っている。

この映画はまた、ボリビアのコチャバンバ市民が地方自治体の水供給を管理しようとしていたアメリカ法人ベクテルと戦っているという話も伝えています。解説として、ノーベル賞受賞者ジョセフ スティグリッツ(世界銀行のチーフエコノミスト、現在は新自由主義世界貿易批評家)のコメントもある。

画像検索結果