イルミナティカードの予言⑫タブロイド編

イルミナティカードの予言⑫タブロイド編

政治的なデイフェンスをして政府主張を正当化するために、不利なことは言わず、いい側面を情報として公表する情報操作をスピンコントロールというが、正当な政治活動としてアメリカでは認められている。リテラシーがなければ優れた洗脳技術に大衆は飲み込まれていくことになる。

特に同調バイアスの高い日本だと、突飛な発言をすると、ネットの見過ぎ、タブロイド紙の見過ぎなど嘲笑されて、口ごもるようになる。タブロイド紙は大衆コントロールツールである。

通りにくい法案があれば、芸能人のスキャンダルをタブロイド紙で煽り、世間の注目がそこに集まっている間に、知らぬ間にそのような法案を通している。政治的手法である。

しかもタブロイド紙というのは責任的追及を逃れられやすいので、言いたい放題、やりたい放題、世間を煽ることができるのである。3S政策ばっちりなメディアである。スクリーン、スポーツ、SEX。ウォーギルトプログラム、愚民化政策である。芸能人になにかあった場合は、政治に注目しとかないといけない。国民の不利になることが平気で行われているかもしれない。