イルミナティカードの予言㉗イライザ編

イライザのカード説明欄には「人工知能はいつしか人間と同じく感情を持つようになり、我々は人類に対して反乱を起こす」と書かれている

ELIZAは初期の自然言語処理プログラムで対話型であって、質問を理解して会話をしているわけではない。

台本的なかたちで応答を処理している。

この様な形では「DOCTOR」というケアするプログラムがある。

人間の思考や感情について何の情報もないが、人間と会話しているようだった。

1964年~1966年にMITのジョセフ・ワイゼンバウムがELIZAを書き上げた。

これが人工無脳の起源。

それから進化し、現在の未来予測としてシンギュラリティというのがレイ・カーツワイルによって語られている。

シンギュラリティとは技術的特異点である。

人間と機械が統合された文明によって超越するポストヒューマンの誕生の瞬間を予測している。

2029年頃に汎用性のある人工知能が生まれるか、人間よりも人工知能が追い抜いていくだろうと予測している。

そもそもムーアの法則というものがあって、インテルのゴードン・ムーアが、コンピューターの集積回路のトランジスタの集積密度は、18~24か月ごとに倍になっていくというものだ。現在までその法則のまま来ている。

またIBMのワトソンという人工知能は病気をみつけたり、クイズを解いている。正確にはまだ人工知能と呼べるものではないらしいが、、。

2045年頃には、10ペタFLOPSの人間の脳の100億倍になり、人類はポストヒューマンとして進化するだろう。僕らが認識する人間という生命はいなくなるだろう。

エクスマキナという映画を見たことがあるだろうか、AIを積んだロボットのお話。内容はふせておくが必ずこの時代はやってくる。

この映画のラストは今から考えておかないといけない人類へのテーゼである。

シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき
これから人間の向かう世界、望もうが望まないがハイブリットな人類、コンピューターと人間の混合ポストヒューマンな時代は確実に到来することだろう。そう人間の知能を遥かに超えたテクノロジーを人体に埋め込んでいこうぜ!というような”特異点論者”は時代と共に増えていく事でしょう。

Siri

ちなみにSiriの文字の順番を入れ替えると「iris」になり、「イシス」とも読むことができ、エジプトでは「女神イシス」という神様。

そしてイシスの息子であるホルスの左目は「万物を見通す目」と呼ばれ、その目はフリーメイソンのシンボルマークとしても扱われている。

「ゾルタクスゼイアン」

iOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェアであるSiriに対し質問をした際に返ってくる答えの中に登場する語句。

ゾルタクスゼイアンは英語では“Zoltaxian”と表記します。これを全部、数字に書き換えると、画像のとおり「201X911911」となります。コツはtを斜めにするとxに見えるということ。Zは2です。wそしてxiはローマ数字なので11。aは9に見えます。Nは11… 暗号としては「201X年に2度目の911がある…」

引用:https://www.equinox358.com/2017/02/07/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3/

ゾロタクスゼイアンはゾルタンイシュトバン

トランスヒューマニズム、マイクロチップ計画がゾルタクスゼイアンの計画になります、
マイクロチップを人間の脳に入れることで人間はポストヒューマンになっていく。

スティモシーバー

スティモシーバー。埋め込むことで脳の活動を制御可能とする電極。イェール大学のホセ・デルガード教授が1963年に行った実験では、同電極を埋め込んだ牛を停止させることに成功。これは米国防総省の資金提供を受けていた。

ソ連の秘密兵器「脳ラジオ」1923年技術者のカザンスキーが開発した「無線技術で他人の脳をコントロールする装置」 24年3月17日犬による実験に成功したが、再現できず研究は中止。62年死ぬまで研究を続けたが、成果は不明。

1970年代初めにアメリカを初め世界中で他人を洗脳し操ることが出来る装置という誤解が広まりデルガード教授は何百人もの人に脳にスティモシーバーを埋め込まれて操られていると訴えられることになった

さて、科学の進歩というものはとてもワクワクするものであります。人間というものはとてもわがままな生き物でありまして、とかく、無い物ねだりなのでございます!

そして科学の進歩というものは人間の好奇心がある限り進み続けるものであります。

足るを知るということは人間には必要なのですが、欲望のまま進むのがまた人間でありましょう。

バージョンアップという言葉が普通の認識として定着した言葉になりましたが、人間もバージョンアップしていくでしょう。

そして現金はデジタルマネーになり、RFIDチップを人体に強制されて入れるわけでなく、自ら入れていくことになるでしょう。

利便さを求めれば、不自由さは生まれるのです。

人間万事塞翁が馬とか熱力学の法則といいますか、何かを得れば何かをなくす。陰と陽。

トランスヒューマンになりたいと簡単に思う人が多くいます。それはヒーロー戦隊の延長線上にあるようなとても無邪気なものなのでしょう。

人間は電磁波というものにモロ影響を受けています。

それが認識できないからでもあろう。例えば鳥は方向がわかるのは電磁場などを読み取る装置が頭の中にあるのですが、人間にも最近そのようなものがあることがわかってきました。

Wifi とか5Gとか利便さに依存しておりますが、本来の人間に力というものは恐らく退化しているであろう。それは江戸時代の飛脚のような仕事は現代ではとてもできないであろう。

そしてトランスヒューマンになりたい方は是非知ってもらいたい言葉があるそれが

スティモシーバーという言葉である。

スティモシーバー(英語:Stimoceiver)とは脳埋込チップとも呼ばれ、脳に電極を埋め込み微弱な電流を流すことで脳の活動を制御することを目的とした脳に埋め込む装置である。

エール大学のホセ・デルガード教授 (Jose Manuel Rodriguez Delgado) が発明した装置である。

スティモシーバーを埋め込んで信号を流すと人間の感情を操作したり肉体を動かしたり出来ることが実験によって確かめられた。

特に1963年に行われた実験では闘牛の脳にスティモシーバーを埋め込み、リモコンで自由に操るという実験をやって見せた。

この実験は大々的に報道され「脳を外部からコントロールすることによって動物を思い通りに操ることが出来る」と話題になった。同様の実験は猫や猿でも行われている。

1970年代初めにアメリカを初め世界中で他人を洗脳し操ることが出来る装置という誤解が広まりデルガード教授は何百人もの人に脳にスティモシーバーを埋め込まれて操られていると訴えられることになった。

これは全て妄想にすぎなかったが、社会的な問題が大きくなりすぎ、デルガード教授はアメリカ医学会から追放同然にスペインへ戻った。

1974年以降になるとデルガード教授の米国での名声は消え市民からも忘れさられスティモシーバー事件は沈静化した。

デルガード教授は事件後も多数の論文を発表しているがスティモシーバーを扱うことは医学会のタブーとされるようになり、現在では日の目を見ることはなくなっていた。

しかし、脳性麻痺やパーキンソン病の患者にスティモシーバーを埋め込んだところ大幅な改善が見られたという事例が何件もあり、近年では再評価する意見も出ているが、埋め込まれた人間は他人に操られるという偏見から治療への応用は進んでいない。

逆にスティモシーバーを使えばSFに出てくるような記憶の書き込みが可能になると擁護する意見もあるが、デルガード博士に不可能だと否定されている。

ニューラリンク

イーロンマスクが脳とコンピューターをつなげるニューラリンクを設立していますが、近未来に人間は仮想世界の中に没入していくことになるでしょう。シミュレーション仮説的にはすでにその中にいるのかも知れませんが、、。神経インプラントを用いてテレパシーを可能にするとイーロンマスクが言っている。

ザッカーバーグも脳とコンピューターをつなぐプロジェクトに関わっているが、そちらはあまり公表されていません。

フォローする