お金の流れで読む日本と世界の未来 ジム・ロジャース

ババババイブス!おはようございます!ガイニーっす。

投資家で有名なジム・ロジャースという男がいる。リーマンショックやトランプの当選を予言したとも言われる人である。まぁ普通に情報を持っていたということだと思うけど、入ってくる情報量はジム・ロジャースぐらいになれば、大方な情報はなんでも持っているだろう。優れた投資家は情報を高い精度でもっているだろうし、お抱えのデータアナリスト、金融界、政治家、ありとあらゆるところから情報が飛んでくるのであろう。お金持ちは新規上場銘柄なんかの話をよくしてるもんね。右から左で金ゲットンみたいな人いますよね。お金があるところに情報はやってくる。

ジム・ロジャースの今後の経済予測では資本は欧米諸国や日本からアジアに移動していく、また史上最悪の世界恐慌が確実に訪れると予測し、日本は50年から100年の間に消滅することが書かれている。

その要因は日本の好景気はうわべだけでマネタリーベースを増やし、GPIFつまりみんなの年金の運用で日本株や日本国債を買い漁り、繕っているだけだと当然の指摘をしている。歴史的に見ると大規模な金融緩和はアメリカ イギリス、ドイツ、史実から言っても失敗である。

ジム・ロジャースはいっている『安倍が日本をだめにした』と日本人が振り返ることであろうと予測している。

ここまではガイニーも同感だ。

だがこの方ジム・ロジャースはあの悪名高きジョージ・ソロスとの運用しているファンドなどあり、この本のなかで移民を受け入れろというニューワールドオーダーな思想も垣間見えたりもするが、この本は一見の価値がある本だと思いますよ。

日本は何十年後に変容するわけでなく、いきなりこのようなことが訪れる覚悟をしておくべきである。別に明日あさって、実質デフォルト的なことになっても不思議ではないと思いますよ。実体経済と離れ過ぎな株価。これはバブル以外の何者でもないと思うよ。

またテクノロジーの発展でゴールドマン・サックスのトレーダーは600人から二人になってるんだって。恐るべしテクノロジー社会。優秀な人材も切られる時代。

またキャッシュレスも進み、現金はなくなるだろうと予測している。

そして投資はブロックチェーンがイイのではないだろうかと話している。

簡単に言うとブロックチェーンはみんなで使える台帳のことである。

ということで今年に出版されたジム・ロジャースの本である。



フォローする