映画『NO』

「no 映画」の画像検索結果

NO』(ノー、原題:No)は、パブロ・ラライン監督による2012年のチリの映画。『トニー・マネロ(英語版)』『Post Mortem(英語版)』に続く、ピノチェト独裁政権三部作の完結編で、アントニオ・スカルメタ(英語版)脚本の舞台『El Plebiscito』を原作としている。1988年のチリを舞台とし、ピノチェト独裁政権の是非を問う国民投票における反対派のキャンペーン活動が描かれている。

2012年5月18日に第65回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映され、日本では10月25日に第25回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映された。

1988年、15年間に渡り軍事政権を率いてきたピノチェト将軍は、独裁を非難する国際的な圧力を受け、政権の信任を問う国民投票を実施すると発表した。投票日までの27日間、ピノチェト派「Yes」と反ピノチェト派「No」は1日15分間のテレビCMを深夜に放送することが認められた。「No」を率いる左派連合のメンバー、ウルティアは、フリーの広告マンで長年の友人であるレネに「No」のためのCMを作ってほしいと依頼する。初めは気乗りしなかったレネだが、次第に広告マンとしてのプライドを刺激され、本格的に「No」のCM制作にのめり込んでいく。

レネは広告マン仲間のアルベルトやフェルナンドと共にチリの未来を描いた明るいCMを制作するが、「独裁に苦しむ人々の心情を無視している」と左派連合のメンバーたちから批判されてしまう。左派連合のメンバーたちは最初から国民投票を出来レースだと考えており、ただ独裁を批判するだけのCMを作ろうとしていた。家族が独裁の犠牲になったフェルナンドもこれに同調するが、レネはあくまでも国民投票に勝利するため、「独裁の恐怖」ではなく「独裁後の未来」を描くCMを作り続ける。

そして、国民投票のためのテレビCMが放送を開始する。「Yes」の政府幹部たちは負けるはずがないと高を括り、従来のテレビ番組で流していたピノチェトを賛美するだけのCMしか用意していなかったが、「No」のCMを見て焦り始め、レネの上司であるグスマンをCM制作の責任者に任命し、本格的なCM作りを始める。グスマンは「No」のCMを模倣した形のネガティブ・キャンペーンを展開し、同時に政権幹部に依頼して「No」のメンバーたちを監視させ、妨害工作を行わせる。しかし、レネの作った明るいCMは確実にチリ国民の心をつかみ、国内世論は拮抗状態となる。

10月5日、国民投票当日は国際的な注目が集まる中で実施され、その日の内に開票が行われる。「No」陣営は独自に開票を進めるが、途中で陣営事務所が停電してしまい、さらに事務所の前には陸軍と警察の部隊が集結していた。ピノチェトが選挙結果を反故にする気ではないかと騒ぎ出すメンバーたちだったが、国営放送が「No」の優勢を伝え始め、次第に陸軍と警察の部隊も撤退を始める。さらに、軍事政権幹部のマテイ空軍司令官が「国民投票は『No』の勝利」と断言したことで、ピノチェト政権の敗北が確実となった。独裁の終焉を祝う「No」のメンバーと国民の姿を尻目に、レネは息子のシモンとともに事務所を後にした。元の広告マンに戻ったレネは、グスマンとともに新しいテレビドラマCMのプレゼンテーションを行っていた。グスマンはレネに敗れた失意に打ちのめされ、レネのプレゼンに力なく賛同するだけだった。

2年後、モネダ宮殿で大統領就任式が行われ、新大統領に選ばれた左派連合のエイルウィンが、退任するピノチェト将軍から大統領肩章を受け取り、互いに握手を交わした。

Bandera del NO.png

フォローする