「アンチ・ホームレス・スパイク」とイメージ力

イメージ力

今の現実の世の中の人間と喋っていると大体イメージする力が圧倒的にない。そしてすぐに思考停止してフリーズする。イメージ力の高い方は仕事の10の案件をしゃべらないといけない提案を3つしゃべれば理解する。頭の中の知識の本棚から引っ張り出してくる。とにかく知識は常に自分の外側にあって心のフィルターを通して自分の頭の本棚に収納されている。フィルターを通した本は何かの時にさっと出てくる。フィルターを通過していないことは思い出さない。そういう風に人間はできている。大抵インプットする情報の少なさ、それに対する案件に心のフィルターで処理することがない、そしてそこから抽出したものが少ないからできるイメージ力に乏しい。

のにも関わらず自分の中から出てくるもので処理しようとするから固まる。オーバーフロー。イメージ力ある人間とイメージ力のない人間と自分合わせて三人でしゃべるとイメージ力のない人間はすぐ遠くを見つめている。ついていけないのにそのままフリーズ。グーグル先生もあるのに追いついていこうとしない、調べない。哲学的ゾンビ。そして自分主義で個人主義。なんでこういう人間が多くなったのかわからないが、散見している規模がとても狭い。一日の中で思考していることが、食欲、睡眠欲、排泄欲以外ないのではないのかと本気で思ってしまう。疑問力が欠乏している。疑問がわかれば解決できる。解決の手前の段階で終了している。

最近気になることに何?と尋ねるとなんにもないと言われる。自分の身体的欲求以外なにもないのだ、きっと。二の次には時間がないと言われる。時間は作るもの。だからどんどん時間も搾取され、お金も搾取され、しまいになにも思考しなくなる。バイブススコープじじいは陰に隠れて陰謀論サイトとかシコシコやっているのに、大体の人は時間がないと言い訳をし、本を読んだり、外部からの情報不足で知識体系が整っていないのでセレンディピティが生まれることはないだろう。つまり求めずして思わぬ発見をする能力が今の時代必要である。とにかく常に遊んで学んで経験してオリジナルな感覚が必要なのだ。AI時代半分は振り落とされる。受動的で誰かが言っているからそうなんだ。インプットみたいなことを日常的にしているからセレンディピティーは起こらない。なぜそうなる?自分ならこう考えるぐらいの頭のフィルターは持つべきだ。

生活保護で「このまま何も手を打たなければ、30年後には独身・低収入の高齢者であふれ返る。日本の財政は年金ではなく、生活保護で破綻する」という記事を見て、「そうだそうだ!!」と思い込む、局所的に見て判断する。日本のGDPに占める生活保護費の比率はOECD加盟国最低レベルである。その背景を考えた方が能動的だ。現在生活保護受給者は約215万人だが、潜在的受給資格者数はおそらく1000万人を軽く越えると思われる。結局得をするのは国民ではなく財務省である。セーフティネットがしっかりしてないから組織の中で労働しなきゃいけなくなると考えるひとが多いのは理解できる。でももう時代は違うクリティブなベンチャーしか意味がないし生き残る方法はない。日本にはもうのりしろがない。にも関わらず、AIで半分振り落とされる人間に選ばれるかもしれないのに生活保護はおかしいとどの口がいうのだろう。後になって生活保護を受ける立場になって少ないとか絶対に口が裂けても言うなよ。

外国で自分が暮らしているとき、ないものはあるものが分け与えるのが当たり前というので全てがうまくいく。俺のものは俺のものというやつは少ない。日本人は俺のものは俺のもの。弱者は弱者。このロジックは資本主義の弊害である。この考え方は圧倒的に今の日本人に多い。拝金主義のサイコパスを生み出している。これでは冒険して起業しない。土壌がだめ、競争に負ける。当たり前である。10年後悲惨だわ。極端な話、ただで分け与えられるものはただで分け与えろ。それが皆を守り、自分も成就する。そしておかしいことはおかしいと声を上げろ!!とかいうと全体主義とか言われる。今の世の中の方が全体主義である。MAAD!!

というわけでバイブススコープの説教じじいトークでした。

RRR!!!  ALWAYS GIVE TNX!!!  BLING!!! 2018!!!

とまとめてしまったが、弱者に手を差し伸べろ。臭いものには蓋をしろ的発想で解決できるものはない。それがなにかの弊害を生み出すという感覚がわからない鈍さに俺はフリーズする。

「アンチ・ホームレス・スパイク」

このようなオブジェは海外では、店の軒先や道路の高架下などに取り付けられ、「アンチ・ホームレス・スパイク」とも呼ばれている。不法投棄対策とか不法自転車を置かないようにというのを建前にホームレスを寝れないように排除しています。

「ホームレスに厳しい社会 ベンチにとげ」の画像検索結果「ホームレスに厳しい社会 ベンチにとげ」の画像検索結果

「ホームレスに厳しい社会 ベンチにとげ」の画像検索結果関連画像

「ホームレスに厳しい社会 ベンチにとげ」の画像検索結果「ホームレスに厳しい社会 ベンチにとげ」の画像検索結果

サンフランシスコでホームレスを排除するロボット

カリフォルニア州マウンテン・ビューにあるスタートアップ企業ナイトスコープ(Knightscope)が製造している。

セキュリティーロボット

外国のパブリックスペース

ベンチに屋根を取り付けたり、ハンモックがある。

「ホームレスのためにベンチに屋根をつけるカナダ」の画像検索結果