ロズウェル・エイリアン

1947年7月、アメリカのニューメキシコ州ロズウェル付近で起きた

世界で最も有名なUFO墜落事件 ロズウェル事件

1947年、ニューメキシコ州の砂漠でエイリアン船が墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。

地元紙が政府が空飛ぶ円盤を捕えたと発表したのだ。ロズウェル市の農家が雷やストライキとはまったく違う夜の大きな爆発音を聞いたと主張した。

翌日、ジェラルド・アンダーソンの家族は聖アウグスティヌスの平原と呼ばれる荒野で歩いていた。

家族と一緒に狩猟をしていて、従妹と一緒に5歳の少年ジェラルド・アンダーソンは、光を反射する物体に気づいた。

それから数十年以上に渡って、陰謀説を唱える人たちは、残骸はエイリアンの宇宙船のもので、この事実は軍の秘密基地エリア51に隠蔽されてしまったと主張していた。

1995年空軍がUFO墜落現場の調査に乗り出すことになった。だが、UFOに見えたものは、政府のソ連向け秘密監視プログラムの一環として、大気圏に飛ばした気球だと空軍は締めくくった。

関連画像

事件を報道したロズウェル・デイリーレコード新聞

「レイミー司令官メモ」

1994年になってその当時最新のデジタル解析技術でこのメモを拡大し、「80%の解読に成功した」と主張したのが画像分析の専門家、デイビッド・ルディアック氏である。

THE VICTIMS OF THE WRECK」は「難破船の犠牲者たち」で

VISITORS IN THE DISK THEY WILL SHIP」は「円盤に乗った訪問者たちを発送する」となる。

レイミー司令官メモを解読した画像

1人のエイリアンが生きていた!

ロズウェル事件で回収された宇宙人の死体の解剖フィルム

関連画像

フォローする