イルミナティカードの予言 Ver321 ファストフードチェーン編

ハンバーガーチェーン店で働く人々は低賃金で合理的合法的に奴隷を作り出し、高動物性脂肪、多量の砂糖、塩が使われ、繊維質、ビタミンが非常に低い商品を消費者に食べさすという負のスパイラルの上に存在している。

多くの医学調査でもバビロンフードによって、心臓病、ガン、糖尿病、関節炎をひきおこすと言っている。そのうえ多くの添加物が含まれており、健康に害を及ぼし、子供には過剰の刺激を与える可能性もある。

マクドナルドの会長兼CEOのJack M.Greenbergがシカゴのアメリカン・イスラエル商工会議所の名誉会長であり、マクドナルドがイスラエルを支援する「Jewish United Fund (ユダヤ人基金)」 及び「Jewish Federation (ユダヤ人協会)」の主要な企業パートナー。

米国のマクドナルドは社員にハンバーガーなどのファーストフードは不健康だから食べない方がよいと通達している。

マクドナルド藤田田(ふじたでん)の儲けの原点は「ユダヤ商法」と「超合理主義」である。

またマックのコーヒーの蓋は死の象徴の髑髏になっており、口移しで飲ませるような形状になっている。

これは流石に嘘でしょ!!と思うけどあの話とこの話は、、、

【閲覧注意】イルミナティカードの予言 Ver358 ピザゲート編
ピザゲートの話 ピザ店が子供達を性的売買のために匿っているっているという話でバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソ...

カーネル・サンダースはフリーメイソン

「カーネルサンダース フリーメイソン」の画像検索結果フリーメーソンの記録は、

Initiated: April 6, 1917
Demitted: February 27, 1920
Lodge No. 651 (Indiana), Henryville, Indiana
Passed: 1919
Raised: 1919
Courtesy to 651 (Indiana) by Clark 40 (Indiana)
Affiliated: October 27, 1953
Demitted: April 13, 1976
Hugh Harris Lodge No. 938, Corbin, Whitley County, Kentucky

Source: card file of the Grand Lodge of Kentucky, F&AM. His gravestone
displays the masonic square and compasses, Shriners and Scottish Rite logos. His autobiography, Life As I Have Known It Has Been Finger Lickin’ Good
(Carol Stream, Illinois : Creation House, 1974 p. 29), notes his installation as a 33° Scottish Rite freemason in Washington, D.C..

「カーネルサンダース フリーメイソン」の画像検索結果

ロータリークラブのバッチ,ロータリークラブはフリーメイソンの下部組織と言われている。 下の、月に剣のバッチはフリーメーソンの上位の人が付ける、「ミスティック・シュライン 」のバッチ。

「カーネルサンダース フリーメイソン」の画像検索結果

東京パラリンピックのメダルが「ミスティック・シュライン」 フリーメーソンの内部結社で、最高位のメンバーのみが加入できるという「ミスティック・シュライン」という上位ロッジが存在する。 別名「神秘聖廟の貴人たちの古代アラビア教団」とよばれ、カーネル・サンダースもメンバーだった。

スターバックス

イメージ 2

イメージ 3

「マクドナルド イルミナティ」の画像検索結果


フォローする