イルミナティカードの予言 Ver244  ドルイド編

Druids

ドルイドは、ケルト人社会における祭司のこと。

日本語ではドゥルイドとも表記する。女性形はドルイダス。

古代ケルト宗教であるドルイド教の祭司。

ケルト社会の最上位を占める階級をなし,王にもまさる精神的権威を認められ,宗教と魔術のほか,裁判や若者の教育,病気の治療などにあたった。

世襲制ではなく,ドルイドを志願する若者は,ときには 20年間にも及ぶ長期の修練の期間を経て,伝承された秘儀的知識を習得しなければならなかった。

しかしその教説の内容は決して文字に記されることがなかったので,霊魂の転生の観念を含んでいたなど,いくつかの断片的事実のほかはまったく知られていない。

ドルイドたちは狂信的民族主義者であったために,ガリア地方ではローマ帝国の迫害を受け,帝国の版図外のアイルランドなどでも,キリスト教の進展に伴い衰滅したが,その記憶は民間伝承のなかに根強く残っており,ドルイド教の後継者をもって任じる運動や秘密結社のたぐいは,今日でもなおその跡を絶たない。

ドルイドは宗教的指導のほか、政治的指導、公私の争い事の調停と、ケルト社会に重要な役割を果たしていたとされる。

カエサルの『ガリア戦記』によれば、ドルイドの社会的影響力はかなり大きかったようである。

アイルランド出自のケネディ家は優秀なイルミナティ一族と見なされている。

ユダヤのダン族を源流とするバビロン的カラバ魔術とドルイドに行き着く。

ちなみにハロウィンはドルイドの生贄の儀式からきている。