戊辰戦争と原発

戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 – 明治2年(1868年 – 1869年))は、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。

戊辰戦争で負けた、西南戦争で負けたところが原発の場所に選ばれている。

すべての政治的選択には150年くらいの「前史」があると思った方がいいようです。

歴史を変えるには親子3代はイズムを引き継ぐ。なので、このような配置になったのではないでしょうか?当然薩長はロスチャイルドから資金を得ています。

フォローする