マインドマップ デザイン思考の仕事術

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

「マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。

描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めている[要出典]。人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造(コリンズとキリアンら)によく適合しているので理解や記憶がしやすいと言われている。

しばしば「図解表現技法」や「ノート術」などと紹介されることがあるが、適切ではない。開発者のトニー・ブザン(Tony Buzan)は、脳科学や心理学の知見から、マインドマップを通してメンタルリテラシーの重要性を提唱している。メンタルリテラシーとは、簡単に言えば頭の使い方であり、学び方を学ぶ力や、学んだことを活用する力を指す。

本来は紙とペンで描くものだが、コンピュータ上で描くための専用ソフトウェアもいくつかある。

なにかをプレゼンしたいときや備忘録としてマインドマップがあると活用しやすい。なにか講演をするとき一つの専門性のあるものとまた違う伏線をひくと話に厚みが出てくる。専門性のあることはいくらでも自分よりバリューのある人たちがいるが、ちがう伏線を引くことでオリジナルなバリューがでてくるので、是非自分だけのマインドマップを描いてもらいたい、自分を自分で理解しているようでしていない。書いてみると新たなセレンデイピティを得れることになる。セレンディピティserendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。


【中古】 マインドマップ デザイン思考の仕事術 PHP新書/木全賢,松岡克政【著】 【中古】afb


マインドマップ デザイン思考の仕事術 (PHP新書)

フォローする