イルミナティカードの予言 Ver176 発作的な暴力編 

Spasm of Violence (発作的な暴力)

低血糖と発作的な暴力は、関係が深い。

低血糖になれば、血糖を高めて正常値に戻そうと、副腎からアドレナリンというホルモンが放出される。

このホルモンは、例えば危機場面に直面し、戦うか逃げるかという状況に迫られた時、エネルギーとなる血糖を高め、心臓を活発化させる。

つまり低血糖になると、このホルモンが放出されることから、周りに脅威がなくとも、攻撃的・暴力的になるのである。

瞑想と正しい食べ物と睡眠をススメル。

宗教と金と革命(暴力)が世界をつくる

ということで暴力の本を紹介

現代世界の不穏な空気を読み解く衝撃の書!

数千年にわたり、文明のおかげで平和裏に平等化が進んだ時代はなかった。さまざまな社会のさまざまな発展段階において、社会が安定すると経済的不平等が拡大したのだ。既存の秩序を破壊し、所得と富の分配の偏りを均し、貧富の差を縮めることに何より大きな役割を果たしたのは、暴力的な衝撃だった。

われわれはこう問う必要がある。巨大な不平等が巨大な暴力なしに減少したことはあったか、 この「偉大なる平等化装置」の力と比較して、もっと穏やかな影響の力はどれほどのものか、未来が大きく異なる可能性はあるか、と。――たとえ、我々がその答えを気に入らないとしても。 (「序論」より)

フォローする