ウルフパック(オオカミの群れ)



ウルフパック(オオカミの群れ)には順位制がある。通常は繁殖ペアが最上位であるが、順位交代もする。最上位から順にアルファ、ベータ、オメガと呼ぶ。順位は常に儀式的に確認しあい維持されている。オオカミの順位は体の強さよりも性格や態度で決まる。順位は、儀式的な戦いや威嚇を通して形成、維持される。

オオカミの群れの最初の3匹は老衰や病気にかかっています。彼らは全体のペースと運動量をコントロールします。行き先、行動、そのタイミングを選ぶ。老いても経験値と言う知識は落ちない。アルファ(最上位の個体)のペアはパックの中で最大の社会的自由を有するが、人間的な意味における「リーダー」ではないアルファが他の狼を指示することはないからだ。残りの狼は普通これに従う。アルファに従属する狼の最下位がオメガだ。狼というよりも子供のようなものだ。

次の五匹が健康的な者たち。彼らは前線に何かの攻撃があれば先頭の者を保護します。
そして群れが連なり、後方5匹は最強の力自慢な奴ら。

一番最後が群れのリーダー。
群れを維持するために、置き去りにされるものが出ないようボスが見守っている。

オオカミと人間

関連画像

熊とプーチン

アカンバロの恐竜土偶

人間と動物は共存できる。超古代は恐竜と人間が共存している。全てはひとつ!

ONE!!VYBZ SCOPE

フォローする