オリャンタイタンボと高度文明

オリャンタイタンボ(西:Ollantaytambo)とは、インカ帝国の砦の遺跡である。

この遺跡の作りがどうみてもレーザー加工である。宇宙人技術としか考えられない。

カミソリの刃1枚すら通さないと言われるくらいインカの驚異的な石組み技術。

適当に積み上げている感じがするのだが隙間が一切ない。そして人間が手作業でやったならば、ブロックを量産して積み上げていったほうがはるかに合理的である。

Aaron Siskind, Sacsayhuaman, Cusco Wall 24, 1975... You can't even wedge a coin between these stones! Amazing, unique example of ancient architecture.

フォローする