イルミナティカードの予言 Ver345 セレブリティスポークスマン  編

どうもバイブススコープでおます。私用でバタバタしておりまして更新をさぼっておりました。夏のあつさのせいです。夏のバカヤロウー!!ということで汗が止まりません。

さてさて、今年の後半はいろいろネガティブな情報が多いです。バイブスをあげていきましょい!

ドイツ銀行のCDS売却、世界最大のデリバティブを保有している総額で7500兆円。弾けたらリーマンショック以上のとんでもないことが起こります。ドイツ銀行は自国GDPの20倍近い金額までデリバティブ商品を膨らませてしまいました。日本の国債も値が付かなくなってきている。7月4日、長期金利の指標となる「10年モノの新発国債は、値がつかず取引が成立しなかった。そろそろ経済はヤバそうです。

政治も種子法、水道民営化、高プロ、現代の奴隷制度、システムは着々と進行中でございます。にもかかわらず、完全に日本は相も変わらず平和ボケ&夏ボケでございますな。そもそも性善説(人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念。)でなにか悪いことがあれば、マスメディアが言うでしょうと勝手に思っている人間がどうしてこんなに多いのでしょうか。世の中みんないい人だから国民は疑う事がありません。だから国民は騙されるのです。現政権を批判する人はテレビには基本的にでれないのです。情報封鎖。ドイツ銀行の事も日本の国債のことも大事なことはテレビでは言わないのです。オウムの死刑執行をリアルタイムで流し、センセーショナルな話題の裏で国民にバレたくない法案を通していくのです。スピンコントロールという政治的テクニック。セレブリティスポークスマンつまり高給取りの御用学者や報道マンです。金にまみれ嘘を伝えるのです。弁証法などを使い、黒を白に変えてプロパガンダを行っている。郵政民営化なんかも電通に高額な金を流し、民営化の宣伝をし、外資にのっとられる。保険のアフラックにヤラレル。

まぁとにかくツイッターを使って情報をかき集めましょう。それも鵜呑みにせず、掘っていきましょう。

外国の方もよく見るようになってきました。そして日本人は外国に出ていきます。大きな流れがやってくる。なにが必要で何が不必要か熟考するべきだ。己がないものは淘汰される。レールに乗っていれば生きていける時代は終了している。一人でも多く目覚めてほしいと思う今日この頃でございます。

「電通支配」の画像検索結果

電通の社内の床はプロビデンスの眼

ファイル:Dentsu Ginza bldg,Entrance.jpg

電通銀座ビルの正面玄関 窓枠で666にみえるし、五芒星

「電通支配」の画像検索結果