イルミナティカードの予言 Ver123 フランス編 PLUS ULTRA

Ver123 フランス編 PLUS ULTRA

歴史の中で最も偉大な偉人達で構成された秘密結社PLUS ULTRA(プルスウルトラ)は1889年の「Exposition Universelle」世界博覧会で、エッフェル塔の頂上にある伝説的な会議でNikola Tesla、Thomas Edison、Gustave Eiffel、HG Wells、Albert Einsteinや ウォルト・ディズニーによって設立されました。
PLUS ULTRAのプロジェクトは都市計画とタイムマシンだろう。

耳元

「Cras es Noster(明日は我々のもの)」は彼らのモットーです。“Tomorrow is Ours”(明日は私たちのものです)のラテン語ですこの格言は、PLUS ULTRAには1つ以上の点で真実でした。彼らは彼ら自身のために技術的進歩を盛り上げただけでなく、 秘密の計画がある。

彼らの記録された生涯をはるかに越えて生きることができる技術によって、社会は「トゥモローランド」と呼ばれることもある代替領域へ時折アクセスをすることができました

「トゥモローランド」そこはプラス・ウルトラにとっての秘密の場所。

自社の出版物によると、社会は「全員を取り巻く自然エネルギー」をうまく利用し「単一の資源を消費することなく都市を明るくする」ことができました。

時間はここでは希少な資源です。トゥモローランドではそうではありません。彼ら自身の入場によって、彼らは「生きものが予期せぬ暴風雨に耐える機会を与える技術」を開発しました。体を一時的な鬱状態に陥らせることによって、私たちはそれを修復するために必要な限り、あらゆる生命体を保存することができます。だから、もはや1つの人生は、必然的に、時間の点滅ではありません。もはや終わりが終わる必要はない」

つまりタイムマシンを開発している。

IMG_2308

ウォルトは晩年になって、希望都市構想を実現するため、
ディズニー・ワールド・プロジェクト構想に、
EPCOT(エプコット)という実験的未来都市を
真剣に実現しようとしていたのです。

パーク名のエプコットは、ウォルト・ディズニーが晩年に計画した「実験的未来都市」”Experimental Prototype Community oTomorrow”の頭文字から取られている。これは未来的な理想都市を目指し、一つの独立した共同体を作る計画であった。しかしウォルトの死によりエプコット計画の続行は難しくなり、最終的に当初の構想とは異なるものの、未来をテーマとしたパークを作ることに落ちつく。

「EPCOT(エプコット)」の画像検索結果

バックミンスター・フラーのジオデシック・ドームを回帰させる。

「ジオデシック・ドーム」の画像検索結果