イルミナティカードの予言 Ver118 米国上院ロビー調査委員会編

Senate Investigating Committeeとは

米国上院ロビー調査委員会は、1930年代から1940年代にアメリカ合衆国の上院で一度ロビイストを調査する特別委員会 でした 。 委員会はHugo Blackが議長を務め、米国最高裁判所への任命時にSherman Mintonが議長を務めた。

Mintonの電気学者の Linda C. Gugin教授によると、実際には、委員会の調査は政治的に動機付けられ、ニューディールに挑戦する団体に向けられた。

ニューディール政策

「ニューディール」の画像検索結果

ニューディール政策New Deal)は、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策である。

ニューディール政策は新規まき直し政策とも呼ばれる。単にニューディールと呼ばれることもある。それまでアメリカの歴代政権が取ってきた、市場への政府の介入も経済政策も限定的にとどめる古典的な自由主義的経済政策から、政府が市場経済に積極的に関与する政策へと転換したものであり、第二次世界大戦後の資本主義国の経済政策に大きな影響を与えた。世界で初めてジョン・メイナード・ケインズの理論を取り入れたと言われる。原案は、いち早く世界大恐慌から脱した日本の高橋是清が考えた政策(時局匡救事業)と多くの部分で同じである。