イルミナティカードの予言 Ver275 MI-5 エムアイファイブ 保安局 (イギリス)編

保安局 エムアイファイブ

本部はロンドンミルバンク11番、テムズハウス。

《Military Intelligence 5》英国情報局保安部(SS, Security Service)の通称。内務省管轄の情報機関。国内での外国スパイの摘発、国家機密の漏洩阻止などの防諜活動、テロ組織の情報収集や取り締まりなど、国内の治安維持活動を専門に行う。

前身は軍事情報部第五課。

内務大臣の管轄下にあるが、内務省との組織上のつながりはない。

また、司法警察権を有さない純粋の情報機関として設立された経緯から、スパイやテロリストの逮捕は、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)が担当する

関連画像

1997年、ダイアナ妃が、衝撃的な事故死を遂げました。当時、事故直後から、イギリス政府による暗殺だという「陰謀論」が流れ、一時は、イギリス国民の多くも陰謀説を信じたようです。

しかし、報道はもちろん、警察、司法に至るまで全てが、陰謀説を否定する結論を導きました。それから20年後の今、死が近い元MI5エージントが、自分がダイアナ妃を暗殺したとを告白しました。

彼の依頼主は、エディンバラ公フィリップ王配。さらに、この元エージェントは、重要なことを語っています。

「バッキンガム宮殿が、すべての英国ジャーナリストと編集者を抑えている」こと。

そして暗殺の理由は、ダイアナ妃の再婚による改宗を防ぐためなどではなく、「ダイアナ妃が王家の秘密をあまりにも多く知り」「あらゆる種類の狂気の犯罪を公開するつもりだった」ためだと語っています。

【動画あり】レプタリアン(爬虫類人)エリザベス女王のシェイプシフトの瞬間
プーチン大統領は、目の前でエリザベス女王がレプティリアンにシェイプシフトしているとこに漏らしたそうです。 ちなみにエリザベス女王のElizabethはEl-lizard-birth(トカゲの誕生)からきているというお話もある。写真だと加工しているのではないか?という疑いがある。そう、これには動画があるみていただだこう。

クロウリーは、イギリスの諜報機関MI5に所属していた際に、Vサインの持つ魔力をチャーチルに伝授したと言われている。

Vサイン」=「アポフィスとタイフォンのサイン」を生み出したのは自分である、とクロウリーはその著書で主張している。

Vサイン」はペンタグラムの魔力を応用したものだ──というのだ。

公の場で「Vサイン」を初めて使ったのはウィンストン・ チャーチル首相であり、しかもそれには魔術的な意味があった。

1943年、有名なVサインのポーズをとるウィンストン・チャーチル。

魔術で使用される「Vサイン」。

シルエットが「悪魔」になる。

1942年、イギリスのオカルト信奉者アレイスター・クロウリーは、1941年2月からのVサインの使用は自分の発案であると主張し、これはナチスによる鉤十字(スワスティカ、ハーケンクロイツ)の使用に対する魔術的な対抗手段なのだと述べた。

彼の主張によれば、彼はこの考えをBBCに所属していた友人に伝え、さらに、MI5とのつながりを介して海軍情報部(英語版)に伝え、チャーチルの承認を得たのだという。

クロウリーは、自身が1913年に出版していた著書『Magick』の中で、Vサインと鉤十字を同じ図版の中で使っていたことも強調した。

「クロウリー vサイン」の画像検索結果

フォローする