ニルヴァーナのプロセスとテクニック

前回お話した話のこれ

臨死体験とクンダリーニ覚醒
自分は臨死体験者だ。 宇宙を見てきて、その後半年かそこらは完全に超能力者のような体験をしました。正直、自分でもこんなことあるのか、なん...

に対してのお勧めの本なのですが、これを勉強して実践してニルヴァーナ、いわゆる涅槃。簡単に言うと天国。天国ってなんだよ、うーん五次元。に行けるって話。
クンダリーニヨガの実践について書かれている。

あのオウム真理教も読んでたらしい、といういわくつきの本である。

ちなみに変な新興宗教にはまる気なんてさらさらないですし、自分の場合はたまたまそのような経験をしてしまったので、この方法を薦めるというか、こういう方法があるということを知りたかったので、読んでみました。ちなみにこれは独学で勉強すると危険、下手をすれば死ぬ。ちゃんとした指導者について修行した方がいいだろう。ちなみに自分は信頼できる宗教者なんていないので、そして変なものに洗脳されたくないので、本で理解しようとしています。

しかしバイブススコープを読んでくださっている方も、これを読んでバイブススコープは相当変な奴だと思っているでしょうけど、見てしまった世界を伝えたい思いとさらなる探究しています。そして自分みたいな人が偶発的に同じような体験をされた人がいた場合に、この世界がなんであるかということの道を作っておきたいのです。宗教に相談したら洗脳されそうなので、ネットでなにかを残しておきたいのです。自分はその当時、相当パニックだったので。次の人たちのために書いているので、その時になにかの役に立ってくれればと考えています。

ちなみに臨死体験をした自分がこの本を読んでいると自分が臨死体験でみたビジョンと同じ事が書かれています。だからこの本は真実を言っていると強く確信している。皆死んだら同じビジョンを見ることになる。その前にこれを一読してみるのもいいと思う。しかし実践は危険。というかこの本を読んだ限りのこの本の印象は死をコントロールすることが書かれていると思っている。なので下手すりゃ死ぬ。魂は永遠だけどね。肉体は死ぬ。これは危険な奥義の本である。ヨガの図解、自己と宇宙の関係図などが書いてある。

苫米地英人さんはこの本について語っている。

この本は、オウムの一番のタネ本です。佐保田鶴治氏の『ヨーガ根本経典』も麻原が獄中から
取り寄せた本として知られていますが、コアのヨガ的な洗脳の一番のエッセンスがちゃんと入っているのがこの本なのです。

この書がオウムのタネ本であることはここで初めて紹介するわけですが、ここであかすことはきわめてリスクがあります。なぜなら、これを読むとカルトをつくれるから。これだけでつくれてしまうのです。ですからずいぶん悩みました。しかし、オウムの洗脳を暴くためにも、あえて決断しました。このタネ本はオウムの高弟たちのごく一部しか知り得ません。

AMAZON


ニルヴァーナのプロセスとテクニック

楽天

ニルヴァーナのプロセスとテクニック [ ダンテス・ダイジ ]