大ピラミッドの謎とスフィンクス

大ピラミッドの謎とスフィンクス―消えた大スフィンクス像の地下に超古代の秘宝ゾハルが実在した!!

エジプトの大スフィンクスに激しい浸食を引き起こしたのは、約4500年前に起こったノアの大洪水だった!!しかも、もともと大スフィンクス像は2体存在し、破壊されたほうの地下室からは、光り輝く超古代パンゲア文明の秘宝が発見されていた!!秘密結社フリーメーソンの極秘情報とユダヤ教神秘主義カッバーラの奥義によって、古代エジプト文明の正体を完全に解き明かす。

ヘブルメーソンについても書かれている。セムメーソンの直系。

目次

第1部 「超古代パンゲア文明」の章

(唯一絶対神アッラー;唯一太陽神アトン;アトンとヤハウェ ほか)

第2部 「失われた大スフィンクス」の章

(テトラグラマトン;カッバーラの4位階;テトラグラマトンと4位階 ほか)

第3部 「契約の聖櫃アーク神殿」の章

(漢字「高」と「生命の樹」;日本の元初三神と「高」;フリーメーソン ほか)

第4部 「大スフィンクスの地下室」の章

(大ピラミッドの建設者;エノクが建設した『知識の書』;トートとエノク ほか)

フォローする