イルミナティカードの予言 Ver59 バーコード編

キリスト教の『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に記述されている「獣の数字」といえば666です。6+6+6=18「ヨハネの黙示録13章18項目」にはなにが書かれているかというと、「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」

現在日本の硬貨を足すと

500円+100円+50円+10円+5円+1円=666円になる。

なぜこのような漫画みたいな隠された数字が出てくるのは何故かというと、

ロスチャイルドは、イングランド銀行を支配下に置き、
アメリカ連邦準備制度(FRB)はアメリカの中央銀行で通貨発行権は、

政府でなくロスチャイルドが持っているからである。

日本の中央銀行「日本銀行」の持ち株55%は
日本政府が所有していますが、残りの45%は、非公開なのです。

これは非常におかしい、これは経済の根幹でもあって、信用創造でみんな信用しているから成り立っていて、お金は機能しているから何も疑いをもたないが、一体なぜ誰もここにふれないのか?この問題を日本人は認識していないと思えるぐらいのGHQの愚民化政策が効いている。

6+6+6=18でラジオの周波数は足すと18。

ニッポン放送 1242 12+4+2=18

文化放送 1134   11+3+4=18

TBSラジオ 954   9+5+4=18

NHK東京第1放送 594 5+9+4=18

NHK東京第2放送 693 6+9+4=18

バーコードは線の形、太さで識別していますが二重線が6を示しています。

この区切り線が666なわけです。

「W」はヘブライ語で「6」。「WWW」はワールドワイドウェブではなく「666」というわけです。

生活の至る分野にも多々666はナンバリングされています。科学の分野のシンボルには666が多いです。