人工台風19号は人口削減計画と都市開発 破壊と再生

台風のさなか安倍が森ビル社長とフランス料理店ってリアルバビロンプロジェクトですよ。 イスラエルのフロント企業とも言われていますし、丹下健三氏による「東京計画1960」によるショック・ドクトリン的な破壊と再生が起きている メザメヨ トキハキタ

何年か前から調べていることが現実になった。

予言でもなく実行計画書である。都市伝説でもなんでもありません。

説明しても理解できないのはもう手の施しようがありません。

ではまずはコレを見て下さい。

アニメのパトレイバーです。

この動画は衝撃的、完全犯罪、予測プログラミング

アニメの中でも19号。大きさも気圧配置も類似する。

改訂版【備えよ常に!】台風対策グッズを紹介 
トラブルは突然やってくる この時代いつ自然災害に巻き込まれるかわかりません。 油断してなにも想定していなかった場合、突然のトラブルに...

予測プログラミング

普通の人は思うだろう。アニメでやっていることが現実化するのは偶然だと。それか予言だと思う。陰謀でだれかが実行しているとは、そんなバレバレなことするわけがないと。では何故このようなことをするのかということに疑念が生まれるだろう。

人間というものは途方もなくありえないことが起きると思考停止するようにできている。

あるわけないという感情が脳の思考を妨げるように人間はそもそもできている。

それらを考えると脳の許容をオーバーしていくために思考がストップしないのとエネルギーや精神を大幅に削るから自分の生命維持のためにそのようにできている。

脳は想像を超えるぐらいエネルギーを消費する。

ヒトラーには『大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい。』という名言がある。

この手法は昔から使われている。

そして潜在的な記憶は瞬間的に取り出せなくても記憶の倉庫には確実にある。

そのように潜在的に同じような類似する出来事には人間はそんなこともあるでしょうということで必要以上にに調べたりすることがなくなる。心理的な一種のなれ。

そこで本質的なことを掘り出すことができず大衆はさらに気が付かなくなる。

911のマーキングの量はものすごい数で予測プログラミングされている。

そしてシープルと言われる造語があるのだが、家畜の羊と人間をかけ合わせた造語だが、シープルと言われるような人々は入ってきた情報をフィルタリングせず頭に直接インプットしてまう人間が多いからこの政治的手法はよく使われる。

入ってきた情報を頭で精査して表と裏を思考してアウトプットすることが必要。

これを日常からすることにより騙されにくくなる。

パトレイバーのバビロンプロジェクトとは

「バビロン」という言葉は、とくにレゲエ・ミュージックや旧約聖書のことをご存じな方には耳慣れた言葉かと存じます。

元々バビロンとは、メソポタミア地方にあった古代都市の名称でした。

バビロンは、実際に作られたか否かは解明されてはいませんが、旧約聖書の中に登場する「バベルの塔」があった都市ともされています。

パトワ語の中でのバビロンは、人が集まって形成される権力・悪・罪といった悪しきものの集合体・場所のことで、国家やイデオロギー・体制や都市などの国家権力といった思想に近い意味があります。警察という意味合いも含まれています。

そしてバビロンプロジェクトとは、アニメの機動警察パトレイバーの作中に登場する架空の国家的な巨大土木事業計画のことです。

1995年に発生した東京湾中部大地震の被害で大量に発生した瓦礫の処理と、過密化が進む首都圏の人口処理、近い将来高い確率で起こりうる地球温暖化による海面上昇によって東京都が水没する可能性に備えるという目的で、東京湾全体を干拓と埋め立てによって土地と巨大防波堤に変えるという国家的な巨大土木事業。

バビロンプロジェクトは多足歩行式作業機械「レイバー」を急激に普及させることとなり、結果「レイバー犯罪」の増加、特殊車両二課パトロールレイバー中隊の設置を引き起こさせる設定となっており、作品展開要素としても関わり続けることとなる。

現代のレイバー

https://twitter.com/HumphreyTron69/status/1188211129639505921?s=20

というのがアニメの話ですが、これは実際にこのような計画がその昔からあるのです。

それが、

丹下健三氏による「東京計画1960」

これはAKIRAでいう『ネオ トウキョウ』も同じ。単なるアニメではないということ。

昔の設計図の真ん中にダビデの星がある。↓

昭和34年「ネオ・トウキョウ・プラン」 東京湾2億坪埋め立てを構想していました

CONSTRUCTION OF DIKE ACROSS TOKYO BAY、「第12次勧告 東京湾に横断堤を」は英訳され、E.ロスチャイルド氏の元にも送られていました

とにかく気象兵器はある。これはこの記事を読んでみて下さい。

1976年12月10日に国際連合総会の第31回総会で採択された環境改変技術敵対的使用禁止条約の承認に関する決議では「現在あるいは将来開発される技術により自然界の諸現象を故意に変更し(例えば地震や津波を人工的に起したり台風やハリケーンの方向を変える)、これを軍事的敵対的に利用すること」の禁止

エヴァ

予測プログラミング。リング状のものがレーダーで見える。

そして壊滅したところを外資が買いあさり、首都に外国人がドンドン入り込み

日本なのに日本ではなくなる日が来るかもしれません。

そして

緊急事態条項

このような大規模災害が起きると改憲して緊急事態条項の必要性を訴えるのかもしれませんが、千葉の時のように対策本部もおかないわけで、政府が国民の為とは思っていません。

人為的に起こされていると推測するならば、これはショック・ドクトリンです。

大規模な自然災害があった場合に法的枠組みを変えるのです。

イルミナティカードの予言 Ver301 キラーサテライト(気象兵器)編
核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器で、タングステンやチタン、ウランからなる全長6.1m、直径30cm、重量100...
イルミナティカードの予言 Ver248 エアマジック(風の魔法)編
気象改変装置 1891年 人工降雨特許 人工降雨: クラウドシード: 1927年人工雲特許 194...
イルミナティカードの予言 Ver144 気象衛星編 
今現在世界的に問題になっているブロッキング高気圧。日本でも異常気象が続いている。 偏西風が激しく変化したり蛇行した際の影響で切...
エヴァの使徒の話
 その日までは地獄を見回る役目があるのだが、地獄で苦しむ罪人...
イルミナティカードの予言 Ver232 抜本的な改革編 NEO TOKYO
Sweeing Reforms 抜本的な改革 カードをみると災害がかかれていて抜本的な改革とある。これはショックドクトリン的に都市が壊...

高度経済成長期を象徴的に表現した有名な都市プロジェクト、丹下健三「東京計画1960」の背後には、現実的な国土の実勢を把握するリサーチがあった。八束はじめ率いるUPGのメンバーにより、この計画の全貌が復元・解明され、さらに「東京計画1960」から半世紀経った都市の変貌を、東京に留まらず、シンガポール、上海、ドバイなどグローバルな都市一般にまで言及しながら、考えていく。

最終増頁号。

高度経済成長期を象徴的に表現した有名な都市プロジェクト、丹下健三「東京計画1960」の背後には、現実的な国土の実勢を把握するリサーチがあった。八束はじめ率いるUPGのメンバーにより、この計画の全貌が復元・解明され、さらに「東京計画1960」から半世紀経った都市の変貌を、東京に留まらず、シンガポール、上海、ドバイなどグローバルな都市一般にまで言及しながら、考えていく。

10+1をもじって、テンプラという親称で呼ばれた建築界の「現代思想」というべき本誌の最終号。

ワンオーワンとテンプル騎士団。

↓これは絶対買え!将来この本は凄い高値で取引されることであろう!

フォローする

コメント