1929年の大恐慌の終焉を祝うアメリカ記念勲章コイン。

1929年の大恐慌の終焉を祝うアメリカ記念勲章コイン。

世界恐慌(英語: world economic crisis/panicとは、世界的規模で起きる経済恐慌である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という

世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。

戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。

第二次世界大戦(1939-1945)の始まりの7年前の1932年、1929年の大恐慌の終焉を祝うアメリカ記念勲章コイン

悪魔の宗派の目、他の明白な兆候の中でダビデの星に刻まれた矛盾する部分の象徴となる卍(Swastika)。

シオニスト(自己宣言されたユダヤ人)とナチスの間の黙認を誰もがしているが、それはコインにちゃんと刻印されている。

つまり大恐慌も戦争も裏で操るディープステートやさらに深いところにイルミナティは存在するだろう。

アルバートパイクの計画も順調に進んでいる。

「アルバートパイク 弁護士」の画像検索結果

「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

2030年までにイルミナティ帝国は完成しそうだ。

俺が臨死したときに見たサグラダファミリアの完成も2030年だ。

スペインのバルセロナにあるサグラダファミリアですが、日本語では大聖家族教会と言う。

カタルーニャの独立にはこのような裏があり気だと思う。イルミナティ、、、。

「サグラダファミリア 完成 2030年」の画像検索結果

フォローする