イルミナティカードの予言 Ver215  リベラルアジェンダ編

アジェンダAgenda)とは会議における検討課題、議題、議事日程。

リベラルとは、国を考えるときに、国家を第一に考えるか、個人を第一に考えるかで、リベラルかそうでないかに分けられます。

個人の自由を第一に考えるのがリベラル、国家のまとまりを第一に考えるのが右派や左派です。

個人主義(こじんしゅぎ、英: individualism、仏: individualisme)とは、国家や社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重することを主張する立場。 あるいは共同体や国家、民族、家の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務の発生原理を説く思想。

右派(保守)は、国民の行動原理を民族や伝統に置くことで、国家としてのまとまりを持たせようとする考え方です。

左派は(革新)は、生産・流通などの実体経済を支えている労働者の考えを重視することによって、生産力のある国家を作り運営しようという考え方です。

フォローする