イルミナティカードの予言 Ver84 パラノイア編

Paranoidsは誇大妄想的、病的なほど疑り深い。精神疾患。

パラノイアと鬱病は似ている。

疾患のある方は偏りのある被害妄想を訴える。

そして陰謀論は世の中ではパラノイアとして認識されているかもしれない。

そして真実は闇に葬り去られるのである。

ダヴィストック研究所は世論誘導を巧みに操る技術があります。パラノイドと思わせコントロールすることは簡単なことなのです。

タビストック人間関係研究所は、研究、コンサルティング及びプロフェッショナル・デベロップメントを行う非営利組織の財団である。

タビストック人間関係研究所は、1947年9月にロンドンで、タビストック・クリニックのエリオット・ジェイクスらによって正式に設立された。

ちなみに陰謀ではなく陰謀論、論とつけることにより、懐疑的な形を形成するのです。このようないろいろな手法を取り、巧みに隠していくのです。

また電磁波、精神薬で疾患させられているかもしれない。

イルミナティカードの予言㊱製薬会社編
薬は自己治癒力を下げる。日本人は西洋医学を過信しすぎである。医者が言ったことをそのまま鵜吞みにする。世界の薬の40%は日本で消費されている。薬漬け大国である。天下り先も政治献金も製薬会社。バビロンシステムです。
イルミナティカードの予言㉑精神科医編
精神科医というカード。心の病というものは人間だれしもあるものだ。自分の周りで心の病になって抗うつ剤など薬を服用しているひとは、凄い量の薬をいつも持ち歩いている。そして良くなって完治したという人は見たことがない。薬をやめたら治ったという方は見かけるが、。

フォローする