イルミナティカードの予言 Ver165 ワールドカップの勝利編「FIFA汚職」

「FIFA汚職」の捜査は最近になって突然始まったものではありません。

米国の司法省は、FBI(連邦捜査局)、IRS(内国歳入庁、日本でいう国税庁)とともに大がかりな合同捜査チームを結成し、捜査を開始していました。

チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティなど、
プレミアリーグを中心に金満オーナーが君臨している。

彼らの存在は、中国の国家的政策も相まって、昨今の移籍金の高騰などを引き起こし、サッカー界を大きく変えてしまった。

FIFA会長はスイスの本部から故国に帰国するたびに、金の延べ棒をブリーフケースにいれて持ち帰っていた。

税関も外交パスポートを持つ彼をチェックできない。

資金洗浄、軍事独裁政権との癒着、韓国戦他での八百長、W杯開催地選挙、会長選挙で飛び交う実弾、放送権、マーケティング権をめぐる賄賂。

FIFAワールドカップのロゴなどにシンボルがいろいろなところに刻まれています。

この下の画像はホルス神を象徴しています。

右上のマークを90度ずらすとここにもホルス神が刻まれています。

「ワールドカップ イルミナティ」の画像検索結果

「fifa world cup illuminati」の画像検索結果

トムクルーズの映画とワールドカップも符合する。

「war of the worlds 2005」の画像検索結果

イルミナティカードの予言 Ver87 平和のために殺します編
彼らの計画の一部は、ピースフルなグループをコントロールし、写真が示すように暴力的にし、人々に「キル・フォー・ピース」をさせることです...

フォローする