イルミナティカードの予言 Ver346 EPA アメリカ環境保護庁編

EPAとはアメリカ環境保護庁のこと

United States Environmental Protection Agency

市民の健康保護と自然環境の保護を目的とする、アメリカ合衆国連邦政府の行政機関である。大気汚染、水質汚染、土壌汚染などが管理の対象に含まれる。

リチャード・ニクソン大統領により設立され、1970年に活動を開始した。長官はアメリカ合衆国大統領により任命される。正規の職員数は約1万8000人であり、本部は首都ワシントンD.C.にある。

自動車の燃費調査

アメリカ合衆国で自動車を生産・販売する事業者は、EPAに自動車を持ち込み、当局職員による燃費テストを受けることが求められる。また、市場に出回っている自動車を抜き打ちで検査し、基準に適合しているか確認する。適合していない自動車について、調査・罰則を行う。

エナジー・スター

1992年から、「エナジー・スター (Energy Star)」と呼ぶ電子機器の省電力を促進するプログラムを実施している。このプログラムの基準を満たしていることを示すステッカーが、現在多くのコンピュータやテレビなどの家電製品に貼付されている。コンピューターの起動時には、同様のロゴが表示されるものもある。

発癌性評価

EPAは様々な物質の発癌性を評価し、公表している。 設立後に人体被害の影響を考慮してDDTの製造禁止を発表している。

などなど詳しい業務の内容はこちら

https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_13-01-02-05.html

結局何がいいたいかと言うと

バイエルとモンサント. 健康が害されることはないとの判断を下したのは,米国環境保護庁(EPA)であってFDAではない

世界で最もよく使われている除草剤グリホサートを成分とするBayer製品Roundup の使用で癌を発症したとの訴えを米国の陪審が最近認めたのとは対照的に、米国政府はグリホサートの発癌性の裏付けはなく説明書通りの使用で健康が害されることはないとの判断を示しました。ただし環境に悪影響を及ぼす恐れはあり、乱用を防ぎ、授粉生物を守り、雑草がグリホサートへの耐性を生じないようにするための対策を米国環境保護庁(EPA)は提案しています。




フォローする