イルミナティカードの予言 Ver126 モサド編

Ver126 モサド編

MOSSAD

イスラエル諜報特務庁(イスラエルちょうほうとくむちょう、ヘブライ語: המוסד למודיעין ולתפקידים מיוחדים‎, HaMossad leModiʿin uleTafkidim Meyuḥadim, ハ-モサッド・レ-モディイン・ウ-レ-タフキディム・メユハディム)はイスラエルの情報機関。「モサド」と通称される。

「MOSSAD」の画像検索結果

首相府管下にあり、対外諜報活動と特務工作を担当。長官は政治任命で決定され、基本的には2期8年まで務める事が出来る。 モサドはCIAの二年後の1949年に設立されたが活動の根拠となる法律が存在しないため、法的には存在しない組織ともいえる。「つまり、何をやってもいい組織だ」

モサドは少数精鋭の組織で、CIAの職員3万人に対し、約2,500人。つまり、1/10の規模しかない。それをカバーするのが個々の能力で、「テロリストを捕まえる人数とか、CIAより遥かに上。1人が持っている能力が凄い」

CIAは、情報が欲しい会社にいる人を提供者として金で落とすことが多いと言われている。一方のモサドは、その会社の中に職員が入り、自ら情報を入手する。「パスポートを偽造する科学研究所がモサド施設内にある」

モサドの給料だが、民間の会社よりも安く、それをもって忠誠心であり、お金でつられぬ組織作りを形成している。国を滅ぼされ流浪の民であったユダヤ人は、各地で迫害され、苦しみの中に生き、やっと手に入れた約束の地、ユダヤの国であり、「何が何でも守り抜く!」という強い気概がどこの国の人間よりも強いこと。「 たとえ国外で敵に正体が発覚して殺されたとしても、その亡骸(なきがら)はどんな犠牲を払ってでもイスラエルに埋葬する、その強い決意がイスラエルにはあるのです。

そのようなところがロシア・アメリカの軍事技術を盗み出し世界最強のスパイといわれる由縁である。

モットーは「議士多ければ平安あり」(ヘブライ聖書『箴言集11:14』)。このほか、公式サイト上に「モサド憲章」を掲げている。

情報収集、秘密工作(準軍事的な活動および暗殺を含む)および対テロリズム活動、逃亡している元ドイツ戦犯やテロリストの捜索などをおこない、その焦点はおもにアラブ国家などの敵対国にむけられ、組織の拠点は世界のいたるところに存在する。モサドは、「民間のサービス」という名目でスタッフはすべてイスラエルの徴兵システムの一部としてイスラエル国防軍に採用されるが、軍隊の階級を使用しない。また、それらのうちの多数は士官である。世界各国に在住するユダヤ人の人脈もある。

局員の採用に非常に神経を使っていることで知られ、採用の対象となった人物がスパイとして適格か否かを判断するまで平均3-4年という時間をかける。採用の対象となった人物は知能・知性を中心に、品性、社交性、思想、体力などありとあらゆるデータを徹底的に精査されるという。

「モサド」という言葉はヘブライ語で組織・施設・機関を意味する「モサッド」(מוסד ; Mossad)からきたもので、イスラエルでも「ハ-モサッド(המוסד)」と呼ぶことが一般的である。ちなみに、英語では「ISIS」(Israel secret intelligence service)と称される。