地図から消えた幻の島(Bermeja)ベルメハ島

File:Bermeja.jpg

16世紀から19世紀のメキシコ湾の地図には「ベルメハ」という島が描かれていた。

ベルメハ島はメキシコ湾の奥にたたずむ小さな島だが、その存在は現在に至るまで一度も正式に確認されていない。もしベルメハ島を見つけ出すことができれば、メキシコの排他的経済水域は大きく広がり、その海域にある石油の採掘権を主張することができる。

エリアス・カルデナス議員によると、島が消えた原因には、地球温暖化による海面上昇説と、周辺海域での石油とガス資源を狙って米中央情報局(CIA)が爆破したと発言している。

上院議員らが、「自然の力で島が沈んだとしても、誰も気付かないということはありえない。埋蔵量220億バレル以上の油田がそばにあるのだからなおさらだ」との声明を発表している。

フォローする