イルミナティカードの予言 Ver220 五カ年計画編

五か年計画(ごかねんけいかく、ロシア語:Пятилеткаピチリェートカ)とは、

一般的には、政府及び地方自治体、あるいは各企業・事業団体が経済運営や事業計画について、5年の期間で達成すべき目標とその手法について定めた長期的な計画の事である。

また、世界恐慌の時にソビエト連邦は、この政策を行い、世界恐慌から逃れることができた。

例として4期に渡り実施したエーザイの戦略的五カ年計画、さいか屋で店員の給与を半額とするなどの対応を盛り込んだ復興五カ年計画、閣議決定した時短 (労働)に関する「世界とともに生きる日本-経済運営五ヶ年計画」、かつて東京都が示したプロジェクト型ビジョンの施策「東京緊急開発行動五ヶ年計画」などがあり、鷲宮町は1993年(平成5年) – 埼玉県の許可を受け五カ年計画で第二浄水場施設の増設を行っている。弾丸列車は昭和29年までに開通させることを目標とした「十五ヶ年計画」に基いたものであった。アメリカの軍事拡張計画でも五ヶ年計画がある。

また、中国、ベトナム、インド、韓国といった国々も五カ年計画を作成している(中国の五カ年計画、インドの五カ年計画、大韓民国の経済・韓国の五カ年計画)。

かつて日本の戦前期の革新官僚らもソ連の五カ年計画方式を導入。 旧満州国においても満州産業開発五カ年計画が作成され施行された。 宮崎正義もソ連の五カ年計画を参考に、満州国と日本で官僚主導の統制経済を目指していた。

戦後の日本も鳩山一郎内閣の経済自立五カ年計画から宮澤喜一内閣の生活大国五カ年計画まで五カ年計画と題された経済計画がつくられた。中曽根康弘内閣では経済計画を定性的にすべきとして「展望と指針」に言い換えられた時期もあった。