イルミナティカードの予言 Ver197 マーフィーの法則編

Murphy’s_lawとはマーフィの法則

「マーフィーの法則 」の画像検索結果

マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、英: Murphy’s law)とは、

「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、認知バイアスのサンプルとして捉えることが可能なものもあり、中には重要な教訓を含むものもある。

起源はアメリカ空軍による経験則

“Everything that can possibly go wrong will go wrong.”「不都合を生じる可能性があるものは、いずれ必ず不都合を生じる」という種類の「経験則」で、アメリカ空軍が起こりといわれる。日本でも1980年頃から計算機科学者を中心に知られるようになり、1990年代前半に広く流行した。

「引き寄せの法則」とは、ルシファーを神とする悪魔崇拝者から出てきたもの」

「引き寄せの法則」のコンセプトを表わしたウィリアム・ウォーカー・アトキンソン(William Walker Atkinson)とは、フリーメーソン結社員で、悪魔崇拝者。