【バイブススコープ流】超古代文明 人間の誕生からの文明をまとめる

アヌンナキ降臨

関連画像

アヌンナキ (Anunnaki) あるいはアヌナキ (Anunaki) 、アヌンナク (Anunnaku) 、アナナキ (Ananaki)とは、シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。後期バビロニア神話によれば、アヌンナキは兄妹神アヌとキの子であり、アヌとキはまた、アンシャールとキシャール(「天の軸」「地の軸」の意)の子、そのアンシャールとキシャールは、ラハムとラフムの子であった。

アヌンナキの会合の長は偉大なる空の神で、都市ウルクの守護神でもあるアヌであり、他の参加者はアヌの子である。のちにアヌの地位は、天と地を分けたとされる神エンリルに取って代わられた。これにより、都市ニップルの守護神エンリルと、腹違いの兄弟である都市エリドゥの守護神エンキの争いに、エンリルが勝利し、指導的地位を得る結果となったと考えられている。エンキは、淡水・知恵・魔術を司る神であるほか、錬金術師であった。また、イギギが、シャパトゥ(ヘブライ語ではサバト:安息日)にストライキを起こし、世界を維持する作業を続けることを拒んだとき、エンキは人間を作って作業をさせ、神々が働かなくともよいようにしたといわれている。

アヌンナキは神々の最高議会であり、アヌの仲間である。神々は大地と冥界に割り当てられた。よく知られている神には、アサル、アサルアリム、アサルアリムヌンナ、アサルルドゥ、エンキ(アッカドではエア)、ナムル、ナムティラク、トゥトゥがいる。

アヌンナキが描かれた古代シュメールの印章

シュメール人が知っていた太陽系

シュメール人が知っていた太陽系

「シュメール 太陽系」の画像検索結果「シュメール 太陽系」の画像検索結果

レプティリアンは、シュメール神話では「アヌンナキ」、

ズールー族の神話では「ノンモ」

関連画像「ノンモ」の画像検索結果

古代インドの神話ではナーガとして知られている。

ラオスの公園の像。ナーガに守られたブッダ

また旧約聖書ではイヴを誘惑した「蛇」として知られる存在である。ズールー族の伝統によると「創造のための破壊」のために、太陽が創造したのが爬虫類人であるという。ホピ族をはじめ、多くの部族に伝わる古代の伝説では、人間が「蛇」により堕落させられたことを語られている。アイクのレプティリアン説はこうした神話の現代的な再解釈とも言える。

アヌンナキは、惑星ニビルに住む宇宙人の名前

ダーウィンの進化論では説明が付かないことがある。猿は何年たっても猿。人間もまた進化して空を飛ぶことはない。

「ヒトゲノム・プロジェクト」によって、最近、人間の遺伝情報の解明が進んできた。
それによると、人間の10万から14万の遺伝子を発見する見込みがあったが、実は3万ほどしかないことが分かった。人間とチンパンジーの遺伝子は、93~98%までが全く同じだと解明された。しかし、人間の中にそれまでの進化の過程にはなかった223個の遺伝子が発見された。科学者が首を傾げた理由は、これらの遺伝子はどこから来たのか、ということだ。説明としては、バクテリアの影響によるものだという仮説があるが、検証されていない。223個とは、人間の遺伝子のほぼ1%に当たり、それは人間のチンパンジーの違いが1%から4%であるのと同じレベルの量と言える。従って、人間が猿から進化したという仮説は、この223個の遺伝子によって覆される。

「ゼカリアシッチン」の画像検索結果

そこでゼガリアシッチン博士が粘土板を読み解いた。

約45万年前に、惑星ニビルは大気が宇宙空間に流出し、絶滅の危機にひんします。

その際に、黄金の粒子で大気が流出しないようにシールドをはり、その危機からは脱しました。ですが、黄金がまだまだ大量に必要でした。

そこで、アヌンナキは黄金の含有量が多い惑星を探し回り、地球にたどり着き、地球で黄金の採掘を始めましたそうです。

アヌンナキの認識では、地球は金の採掘場だった。

アヌンナキは、もともと地球に黄金を採掘しにきました。すると、当然人手が足りなくなったり、労働事態を拒否するものが現れたりします。その足りなくなった労働力を補うために人類を創造した。

アヌンナキは遺伝子操作して人類を創生した。というのもその後のシュメール人は遺伝子のxyの遺伝子についての文献があるからだ。超高度文明であり、合成生物学がすでにあった。

「ニビルの軌道」の画像検索結果

また超古代の時代から、地球には何種類かの、高度に発達した文明を持つ異星人が来ていた。最初、彼らは地球を観察した。それから、アトランティス大陸、ムー大陸に、文明を構築した。そして最後に、レプティリアン(爬虫類人)型の異星人(アヌンナキ)は、地球に定着して秘密結社を作り、地球原住民を彼らの奴隷、もしくは彼らの家畜人間として使役した、と言う。

旧約聖書の『エゼキエル書』が宇宙人来訪の様子を描写している

エゼキエル書10章21節

  • それは人間のようなもので、それぞれ四つの顔を持ち、四つの翼をおびていた
  • その顔は“人間の顔のようであり、右に獅子の顔、左に牛の顔、後ろに鷲の顔”を持っていた
  • 生き物のかたわらには車輪があって、それは車輪の中にもうひとつの車輪があるかのようで、それによってこの生き物はどの方向にも速やかに移動することができた。
  • ケルビムの“全身、すなわち背中、両手、翼と車輪には、一面に目がつけられていた
  • ケルビムの一対の翼は大空にまっすぐ伸びて互いにふれ合い、他の一対の翼が体をおおっていた
  • ケルビムにはその翼の下に、人間の手の手の形がみえていた

    ケルビム

    ケルビム

車輪

古代宇宙飛行士説(英: ancient astronauts theoryspace god theory)とは、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたという科学の一説である。別名を「太古宇宙飛行士来訪説」、「宇宙人考古学」、「宇宙考古学」ともいう。この範疇でキリスト宇宙人説も唱えられている。

アトランティス文明

「アトランティス」の画像検索結果関連画像

グラハム・ハンコックの『神々の指紋』によれば、原本にはギザのピラミッドはトートが造ったとも記載されていることからエジプト文明の源流がアトランティスにあることも推測ができるとしている。

アトランティスが沈んだ後、エジプトやシュメールへ人々が移り住んだ。

地球の暦で紀元前3500年ころに、現在のイラク南部あたりで「シュメール文明」という文明が発達しました。

このシュメール文明は、非常に高度に洗練されていたのにもかかわらず、突然現れたのです。

通常、文明が洗練されるためには、洗練されていない文明の期間があるものですが、シュメール文明は違いました。

先行する文明が存在しないにもかかわらず、いきなり文字・文学・高度建築・法律などが整備されていたと言います。紀元前3500年前の古代人が、白内障の治療方法や日食・月食を科学的に理解し、惑星の動きを予測する数式を使いこなしていた

実は、シュメール神話は日本神話と多くの共通点を持っています。

その中の一つに、日本神話での『天孫降臨』があります。

天孫降臨は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫にあたる邇邇藝命(ににぎのみこと)が葦原の中つ国を治めるために、高天原から日向国に天下ったことを描いた神話です。

十六菊家紋

シュメール。イスラエル。日本。十六菊家紋。

「十六菊花紋 シュメール」の画像検索結果「十六菊花紋 シュメール」の画像検索結果

「十六菊花紋 シュメール」の画像検索結果

関連画像

関連画像