【衝撃的な事実】アヌンナキとニビルが印刷されているお金 がある

アヌンナキとニビルと世界のお金

お金は信用である。信用のないものは書けない。ということでもう人類はニビルがやってきてアヌンナキがルルアメルという人間を作って金を掘らせていたわけですよ。で天孫降臨で日本に降りてきて、ルルアメルを作り世界を回ってまた日本に戻ってきた。

というのがガイアフォース的にコレなわけです。これが一番辻褄がつく。DNAもYAP遺伝子からいってもそうなる。

遺伝子操作をしたと思われるオーパーツがこれ。これは一万年前のものである。

細胞分裂について書いてある

だから世界最古の国は日本です。そして天皇が世界で一番の上位階層にいるわけです。

天孫降臨してきている場所は色々言われているが、みんなが思っている場所とは違う所説があるがこれは隠しておく。隠しておいたほうがいい気がする。なにかがあったときにはお話するよ。

まぁまぁ、とにもかくもニビルとかアヌンナキはお札になっている。

ニビル

コレがニビルの軌道

1998年のスイスフラン紙幣 背の高い巨人アヌンナキ。

アヌンナキは、マヤカレンダーなど天文学の知識を授けた。

そしてありとあらゆる知識を授け、ピラミッドなど高度文明社会を作った。

イラクの25000ディナール

イシュタル門のドラゴン

イシュタル門は(アラビア語:بوابةعشتار)の都心部に第八門だったバビロン。市の北側にあるネブカドネザル2世王の命令により、紀元前575年頃に建設されました。それは都市に通じる壮大な壁の行列式の方法の一部でした。壁は、主に青のガラス張りのレンガで仕上げられ、動物や神々が間隔を置いて浮き彫りにされていました。これらは、異なる色で成形されたレンガで構成されていました。

この龍についてはこの記事について見てもらいたい

【知ってはいけない】masonic templeビルとMTVと国会議事堂
フリーメーソンの寺院 メイソン寺院やフリーメーソンホール内ではフリーメーソン、部屋や建物フリーメーソンのロッジを満たしています。フリーメー...

マルドゥク(Marduk、マルドゥーク、マルドゥック)は、古代メソポタミア神話の特にバビロニア神話などに登場する男神。 バビロンの都市神でバビロニアの国家神。 後にエンリルに代わって神々の指導者となり、アッカド語で「主人」を意味するベールと呼ばれた。

イラクディナールにはマルドゥクという古代バビロニアの神がのっています。

シュメール起源の天の神々の主アヌ(アン)と天地の主エンリル神と知恵の神エンキ(エア)の三神が、エンキの長子のマルドゥクに「神々の主権と地上の支配権」を授与した。

フォローする

コメント

  1. ななし より:

    ガイアフォース兄さんこんにちは。
    いつも興味深い記事、楽しく読ませていただいています。アセンションストーリーでのアヌンナキ関連のお話も大変興味深かったのでぜひ読んでみてください。
    なんでも35の神話が似たようなあらすじを持つとか…。私もこれを機にネイティブアメリカンや世界中の神話を調べ始めましたが、大変興味深いです。
    ぜひ。