ビルダーバーグ会議

完全非公開で1954年から毎年1回、政治家や官僚、多国籍企業・金融機関の代表やヨーロッパの王族、貴族の代表者など約130人が、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について話し合われているという裏サミットというかこちらが本物のサミットなのではないかと言われ、世界のすべてはここで決定されている。

アメリカの大統領はここから選出されているということが言われている。バラクオバマは2008年に会議に参加し、2009年に大統領就任。ビルクリントン1991年に会議に参加し1993年に大統領に就任している。

ロックフェラーとロスチャイルドの2大財閥の意思を共有し

2大財閥の意思を共有し

それに沿って世界を動かすための”裏のサミット”

「ロスチャイルド ロックフェラー」の画像検索結果

ロックフェラー傘下の「外交問題評議会 CFR」

アメリカの対外政策を司るロックフェラー傘下の「外交問題評議会 CFR」

アメリカ合衆国のシンクタンクを含む超党派組織。

1921年に設立され、外交問題・世界情勢を分析・研究する非営利の会員制組織であり、アメリカの対外政策決定に対して著しい影響力を持つと言われている。超党派の組織であり、外交誌『フォーリン・アフェアーズ』の刊行などで知られる。本部所在地はニューヨーク。会員はアメリカ政府関係者、公的機関、議会、国際金融機関、大企業、大学、コンサルティング・ファーム等に多数存在する。

ロスチャイルド傘下の「王立国際問題研究所 RIIA」

そして、イギリスの国際問題を扱う

ロスチャイルド傘下の「王立国際問題研究所 RIIA」

イギリスのシンクタンク。所在地の名をとってチャタム・ハウス(Chatham House)とも呼ばれる。1920年創設。本部はロンドン(元々はピット一族の所有の建築物である)。

1954年に第一回の会議が行われたビルダーバーグホテル

ビルダーバーグ会議創設メンバーの1人であり

世界的180ヵ国以上に事業を展開する

超巨大企業「ユニリーバ」の創設会長”ポール・ライケンス

Paul Rijkens (1961).jpg

アメリカ大統領ニクソン及びフォード政権下で外交を取り仕切り

更にはジョージ・ブッシュの指南役としても手腕を振るった

大統領のブレーン”ヘンリー・キッシンジャー

「Henry Alfred Kissinger」の画像検索結果

ビルダーバーグ会議の提唱者とされるオランダの王族”ベルンハルト

アメリカの軍需産業とヨーロッパの兵器市場をつなぐ

パイプ役となっていたと言われる、別名「死の商人」と呼ばれる人物

「プリンスベルンハルト」の画像検索結果

デイヴィッド・ロックフェラー

「デイヴィッド・ロックフェラー」の画像検索結果

ビルダーバーグ会議の「歴代の議長」

■ベルンハルト王配(オランダ/1954-1975)

■サー・アレック・ダグラス=ヒューム(イギリス/1977-1980)

■ヴァルター・シェール(ドイツ/1981-1985)

■エリック・ロール(イギリス/1986-1989)

■第6代キャリントン男爵(イギリス/1990-1998)

■エティエンヌ・ダヴィニオン子爵(ベルギー/1999-2011)

■アンリ・ドゥ・キャストゥル(フランス/2012-)

2016年の参加メンバー 注目のメンバー4人

マーク・ザッカーバーグ

「Facebook」の創設者であり、Facebookと言えば今や全世界において最多の会員数を誇るSNS(ソーシャルネットワークサービス)です。

Facebookはご存知の通り会員のありとあらゆる個人情報(本名、年齢、性別、出身地、学歴、職歴、日々の言動など)をビッグデータとして手中に収めており、更にマークは「デイビッド・ロックフェラーの孫である」という噂、前項のロスチャイルドに至ってはFacebookの株の8%も所有。

デミス・ハサビス

彼はGoogleの子会社である「ディープマインド」という人工知能(A.I)の開発を行う企業のCEOを務めています。
ディープマインドと言えば人工知能の自己学習プログラムである「ディープラーニング(深層学習)」を利用した囲碁プログラム「アルファ碁」を開発した事でも世界で広く知られています。

イーロン・マスク

テスラモーターズの現会長であり、スペースX社の設立者

ピーター・ティール

ピーター・ティールはアメリカの起業家、投資家で、Facebookの取締役も務める人物。
そんな彼が今もっとも投資に力を入れているのがこれまた「A.I産業」と言われていて、人間とA.Iの融合を目的とする「トランスヒューマニズム」を牽引するリーダーの1人だと言われています。