イルミナティカードの予言㉗イライザ編

イルミナティカードの予言㉗イライザ編

ELIZAは初期の自然言語処理プログラムで対話型であって、質問を理解して会話をしているわけではない。台本的なかたちで応答を処理している。この様な形では「DOCTOR」というケアするプログラムがある。人間の思考や感情について何の情報もないが、人間と会話しているようだった。1964年~1966年にMITのジョセフ・ワイゼンバウムがELIZAを書き上げた。これが人工無脳の起源。

イルミナティカードの予言㉑精神科医編

イルミナティカードの予言㉑精神科医編

精神科医というカード。心の病というものは人間だれしもあるものだ。自分の周りで心の病になって抗うつ剤など薬を服用しているひとは、凄い量の薬をいつも持ち歩いている。そして良くなって完治したという人は見たことがない。薬をやめたら治ったという方は見かけるが、。