イルミナティカードの予言㉙ミステリーサークル編

イルミナティカードの予言㉙ミステリーサークル編

日本ではミステリーサークルというが、アメリカではクロップサークルという。田畑に目を離したときに、いつの間にか奇妙なサークルが作られている。クロップサークルは年々複雑性をましてきているようなのだ。そもそもいつぐらいからクロップサークルがあるのか?太古の昔からあったかもしれないが、自分が調べた中では1678年に出版された「草刈デビル」の図というのがある。

ミーム・マシーンとしての私〈上〉〈下〉

ミーム・マシーンとしての私〈上〉〈下〉

「ミーム」という言葉に聞きなれない方も多いと思うが、ミームとは遺伝子以外の遺伝情報。ミーム研究の第一人者スーザン ブラックモア著作のミーム研究の入門書。ミームは生物学者リチャード・ドーキンスの本『利己的な遺伝子』の中で考案された言葉で、ミームによる文化的情報の広がりを伝えるもの。遺伝情報はDNA。ミームは脳に書き込まれ、言葉や模倣で伝達していく。

シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき

シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき

これから人間の向かう世界、望もうが望まないがハイブリットな人類、コンピューターと人間の混合ポストヒューマンな時代は確実に到来することだろう。そう人間の知能を遥かに超えたテクノロジーを人体に埋め込んでいこうぜ!というような”特異点論者”は時代と共に増えていく事でしょう。